センター試験会場京大のゆるキャラの正体!リンゴの中の人は誰?【画像】




2020年もセンター試験の時期になりましたが、なにやらセンター試験会場となっている京大に伝説のゆるキャラが登場したようです。

なんだそれ!?みたいな感じですが、受験生から見ると、非常になごめる、というか、肩の力が抜けて緊張が取れる、受験に向けて突き進めそう!という感じ。

ということで、ここでは何かセンター試験には絶大なパワーを発揮していそうなそのゆるキャラの正体を調べてみました!

ゆるキャラの正体は?

センター試験会場の京都大学に、以下のようなゆるキャラが登場して話題になってますね。

京都大学第四試験場:受験生ガンバレ!と受験生を応援中

ツイートの、奴がいた、というコメントが非常にいい感じですが(笑)、この「奴」と言われるキャラはなんだかリンゴのようです。

京大では過去の英語リスニングで出題された伝説のリンゴ、ということですが、名前とかあるのかな、と調べたところ特になさそう。

ということで、センター試験会場に現れ、受験生を応援する、リンゴマン、とでも名付けておきましょうか(足を見ると男性のようなのでリンゴマン)

京大職員同好会、というアカウントでこのようなイラストもツイートされてますね。

どうやら翼の付いたリンゴマン、といういうかリンゴ星人、試験会場に現れる、となると、試験の神様、ということにもなりそうで、リンゴ神、ともなるでしょうか。

ちなみに高田井職員同好会からは、去年はこんな、ということでもツイートされてますね。

そうかー、去年は翼の生えた傘を持つニンジンだったんだ(笑)(何で傘持ってるんだろ...)去年はニンジン、そして今年はリンゴ、とくれば、来年も何か野菜や果物のキャラが登場しそうな予感。

中の人は誰?

京大職員同好会のアカウントを見ると、以下のような紹介がされてます。

★京都大学万歳!★京大に自由の学風はいらない!京大生は勉強だけしとけ!無許可集会を弾圧しよう!吉田寮を潰し尽くそう!★京大生による、京都大学最大の職員愛好団体です。略称は「職同」。全メンバーが適当につぶやくのでご注意。会員約100人。主な活動は、職員の権利拡大を主張すること・職員や警備員との交流

京都大学の職員愛好団体...愛好団体って、職員団体、とは違うのかな?職員の中でツイッターでつぶやきたい人たちの集まり、ということになるでしょうか。

となると、今回表れたゆるキャラの中の人は、京都大学の職員のうちの誰か、そして性別は男性。

寒いでしょうが、足を出して、受験生ガンバレ!と京大の試験場に来た受験生を応援する姿、ちょっとほっこりしたり、緊張が解けたりして、すごくいい感じです。

ちなみに足から想像すると、割と細身な感じの男性かも。

今回のまとめ

京都大学がセンター試験会場になり、ということは京都大学の職員の人も受験生のためにいろいろと準備とかしているのでしょう。

そうした中で職員の人も受験生にがんばれ!と伝えたくて、こうしたゆるキャラで応援している、ということになるのかな?

このゆるキャラを見れば、緊張が一気に吹き飛びそうで、とてもよいアイディアですよね!来年以降、こうしたキャラが全国ではやりそうな予感が...

大学の職員さんたちなどの応援にこたえて、受験生もベストを尽くしましょ!

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事