救患若一 所憂同也の意味は?漢詩で中国外交部 華春瑩 報道官




新型コロナの感染拡大がおさまりをまだ見せませんが、そんな中、多大な感染者を出している中国、その外交部報道官の華春瑩(フア・ツンイン)さんが日本語でツイートされたようです。

中国外交部 華春瑩(フア・ツンイン) 報道官
引用元:withnews 2020/03/10

そのツイートの中でも、漢詩「救患若一 所憂同也」が注目を集めてますが、実は他にも日本語でツイートされてるものもありますね。

ここではそもそもツイートはどんな内容で漢詩の意味はどういうことになるのかなど、華春瑩 報道官のツイート内容を早速調べてみました!

実際のツイート

では早速、華春瑩 報道官のツイートを見てみましょう。

最初に漢詩の「救患若一,所忧同也」があり、その下には以下のメッセージ。

救いを待つ人がいれば、それを助けたいという思いは中日両国ともに同じです。
同じ試練に立ち向かう日本の皆さん、中国からの気持ちをお受け取りください。
共同加油!一緒に頑張りましょう!

最後の「共同加油」は、共同=お互い、加油=頑張ろう、ということで、お互いに頑張りましょう!という意味になるでしょうか。

普段、強いメッセージを日本に向ける報道官ですが、そうした半面桜がもうすぐ咲く季節だね、みたいな画像とともにこうしたメッセージをいただくと、ホロっとくるのが日本人っていうものでしょう。

お互い、手探りが沢山あると思いますが、なんとか今の状態を乗り切りたいものですね。

漢詩の意味

このツイートにある漢詩は、”救患若一,所忧同也”は、日本語の漢字に直すと「救患若一 所憂同也」となるようです。

救患若一 所憂同也

春秋時代(古代中国の周王朝の後半期の時代で、紀元前770年から紀元前5世紀までの約320年間)の書物と伝えられる『鄧析子・無厚篇』の一節

《邓析子》-法家经典–新法家(中国語)を参照すると、「同舟渡海,中流遇风,救患若一,所忧同也」という一説の後半のようです。

  • 同舟渡海:同じ舟で海を渡る
  • 中流遇风:中ほどで風にあう
  • 救患若一:もし苦しむ人がいれば、
  • 所忧同也:それは心配だ

つまり、同じ舟に乗り(同じ世界で)風にあい(新型コロナの苦境に立ち)もし苦しむ人がいれば(感染し患者がいるなら)それは心配だ、

ということで、国は違っても心配は同じだ、ということになるでしょうか。

その後に続く日本語では、「救いを待つ人がいれば、それを助けたいという思いは中日両国ともに同じです。」と書かれてますが、この漢詩で正に同じことを伝えようとしているのでしょう。

それにしても、日本の元号にしても昔の書物から持ってくる、ということがされてますが、中国でもこうした古い書物からの引用、というのは当たり前にされることなのでしょうか。

それともやはり学がある、というところ...なのかな?

別のツイートもされている

この他にも華春瑩 報道官は以下のようなツイートもされてますね。

ツイートには以下のように書かれてますね。

“雾尽风暖,樱花将灿”
吹く風に温かさ知り花近し

憂いのない春を一緒に迎えましょう!

「雾尽风暖,樱花将灿」は簡体字、というものでしょうか。

その下には日本語で書かれてますが、暗い言葉など一切なく、

  • 風も暖かさが出てきた、
  • 花の咲く時期も近まっている
  • (今の困難を乗り切り)憂いのない春を一緒に迎えましょう

といった、非常に暖かなメッセージ。日本語で書かれているので、これは勿論日本向けのもの。

「雾尽风暖,樱花将灿」も翻訳で見れば、「霧は暖かく、桜が輝く」となるようで同じ意味合いになりますね。

またその下に画像があり、ツイートでは全部見ないですが、実際は以下のもの。

画像下には、マスクをした少女が花咲く季節を夢見ている/既に楽しんでいる、という様子が描かれてます。

マスクをしているので、勿論今回の新型コロナウイルスによる新型肺炎を暗示していて、こうしたことを乗り越えて花咲く春を迎えましょう、というメッセージになりそうですね。

画像には英語も添えられていて、

As the mist clears and the breeze turns gentle, cherry blossoms are about to shine.

訳すと、霧が晴れ、そよ風が穏やかになると、桜が輝き始める、という内容。

この画像の花、桜なんですね。日本ではこれから桜のシーズンになりますが、画像にある5重の塔は中国っぽい感じがしないでもないですが(そこはご愛敬、ということで)、花は桜。

この画像も正に日本へのメッセージがこもっているようですね。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事