ダルビッシュ有がプレーボールホームラン?ピッチング動画が見たい!




ダルビッシュ有がいよいよ始動開始しましたね!

引用元:日刊スポーツ

2020年2月29日のカブス-ブルワーズ戦に先発して、なんでも最速98マイル(158キロ)をマークする快投を披露。

この時期にこれだけスピードが出せるって、ただ事ではないような気がしますが、それでも、プレイボールホームランを許した、となると、出会いがしら的な感じかも。

今回はそんなダルビッシュ有選手がみせたピッチング動画、プレイボールホームランの動画が見たい!ということで探してみました!

ブルワーズ戦のピッチング動画

2020年2月29日に行われたブルワーズ戦のピッチングの様子が以下。

小さ!ということで、より大きく見るには以下のサイトで見てみましょう。

Yu Darvish’s 3 strikeouts | 03/01/2020 | MLB.com

動画を見るとよりよく分かりますが、速球の伸びが凄いですね。バッターもなかなか、というか全然ボールのスピードに付いて行けない感じです。

動画ではすでに1点入っているので、プレイボールホームランを打たれた後の2イングの様子になると思いますが、1人目のガルシア(ベネズエラ出身の外野手:2019年の打率は.282)、二人目のローガン・モリソン(あれ?試合に出てるぞ)、3人目のブロクストン(あれ、この人も試合に出てる)、とその快投ぶりが分かります。

速いボールをスバっと決めると思えば、緩急つけたボールも投げて、これは流石に打てないな、という感じですが、プレイボールホームランを許した、というのが信じられない。

プレイボールホームランの瞬間は?

こうした投球を見ると、プレイボールホームランを許した、というのは信じられないですが、いわゆる出会いがしら的なものでしょうか。

動画を探しましたが、その瞬間のものはなさそう… と思ったら、以下で見れました。(1分あたりから見てみてください)

動画からすると、何かいきなり打たれた、という感じですね。

打ったのは、背番号3のアルシア(オルランド・ヘスス・アルシア)選手。2019年では本塁打15本、打率 .223 となってますが、今年も滑り出しOK!みたいな感じでしょうか。

ダルビッシュ有選手はと言えば、このプレーボールホームランを浴びた直後は最速98マイル(158キロ!)の速球と緩急漬けたボールで2イングを投げ、2安打1失点、3奪三振。

98マイルの直球で閃光(せんこう)今春デビュー」とはAP通信。球団地元紙シカゴサンタイムズ(電子版)は「パワフルだった。同地区のライバルを相手に、開幕投手の候補は6球種を駆使」の見出しで「ユウはえげつなかった。目を見開かされる今春の初先発だった」と報じた。

引用元:中日スポーツ:2020/03/01

スポーツ紙でも、この速球や緩急をつけた投球について「えげつない」とまで評価されるのは、それだけ快投だった、ということになるでしょう。

今年の活躍が、めちゃくちゃ楽しみになりますね。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事