東出昌大と杏の話し合い時期は2月末?引退で主夫になり離婚回避か




世間を騒然とさせた東出昌大の唐田えりかとの不倫騒動。

この騒動の中、3人の子供をかかえてひたすら頑張る杏さんにも注目が集まりましたが、いよいよ今回の騒動に対して、結局どうするのか、といった落とし前をつける話し合いの時期が近付いているようです。

引用元:日刊ゲンダイ

離婚協議になるのか、再構築を目指しての話し合いになるのかは今後ですが、話し合い時期は現在東出昌大が主演を務めるドラマ「ケイジとケンジ」の撮影が全て終わった後、ということから、ここではその時期はいつになるのか、また話し合い結果がどういう方向になりそうか調べてみました!

話し合いの時期

今回の東出昌大の不倫に対して、これまで別居という形で3人の育児を頑張ってきた杏さん。

不倫をしたとはいえ3人の子供の父親である東出昌大を別居のままほっておくわけにはいかず、離婚するのか夫婦関係の再構築をするのか、いつかは二人で話し合わなくてはならないですね。

その時期については実は二人の間で約束があったようです。

第三者を交えて妻・杏(33)と話し合う日が近づいているという。今回の不倫騒動が公になる前から、夫婦の間では、協議をするとしたら東出が主演を務める連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の撮影が全て終了してからという約束があったという。

引用元:日刊ゲンダイ

報道によると、現在東出昌大が主演を務めているドラマ「ケイジとケンジ ~」の撮影が全て終了してから、とのこと。

この「ケイジとケンジ ~」は、2020年1月スタートのドラマで、まだ最終回が第何話になるのか発表がありません。

ただ、新しいドラマということから、通常でいけば9回で最終話になる可能性が高そう。

仮に第9話が最終かとなるとして放送日程を見てみると、

  • 第1話:1月16日(木)
  • 第2話:1月23日(木)
  • 第3話:1月30日(木)
  • 第4話:2月6日(木)
  • 第5話:2月13日(木)
  • 第6話:2月20日(木)
  • 第7話:2月27日(木)
  • 第8話:3月5日(木)
  • 第9話(最終話予想):3月12日(木)

通常ドラマの撮影は、予告編とか作る関係上、だいたい3週間から2週間前には撮影が終わっている感じで進めているようです。

最終話が第9話とすると、最後の放送は3月12日。その3週間から2週間前には撮影が終了となると、最後の撮影は、2月13日~2月20日ごろには終わる、という感じになるでしょうか。

撮影が終わってすぐ話し合い、というのも落ち着かない感じがするので(撮影終了を祝って打ち上げとかもあるでしょうし)、撮影が全て終了後1週間位落ち着く期間(考えを整理する期間)をおいたとすると、話し合いは、2月20日~2月27日ごろ、つまり2月の後半から2月末にかけて行われる、と予想できそうです。

ただ、今回は不倫騒動、という点と、3人の子供の将来を考えて、など、かなり色々な面にわたっての話し合いになると思われるため、1回の話し合いですべてが終わり!となるのも考えづらい。

ということから、話し合いは2月後半から末にかけてのどこかで第一回が行われ、その後、また1週間後に再び第二回、そして第三回、と3回ぐらい行われることもありそうです。

離婚か再構築か

話し合いが行われるとして、杏さんの考える落としどころ、東出昌大が考える落としどころはどういったところになるでしょうか。

東出昌大の考える落としどころ

東出昌大は不倫した側なので、落としどころとかではなく、もう杏さんの望みを全て受け止める、ぐらいの勢いになるのでは、という感じかも。

東出は、もはや崩壊寸前だ。

「東出さんは『ケイジとケンジ』の収録中は、自分の出番以外は楽屋にじっと引きこもり、壁に向かって何かブツブツと独り言をつぶやいています。楽屋に届けられた弁当にもほとんど手を付けませんし、はたから見ていても分かるくらいの落ち込みぶりです。頬がこけて顔色も悪いので、しっかりメークをしなければなりません」(あるスタッフ)

引用元:日刊ゲンダイ

東出昌大の今の状態は精神の崩壊寸前、とありますね。

壁に向かって何かブツブツと独り言をつぶやいている、という状態が本当だとすると、不倫してしまいその事実が妻に知られて別居となり、これからどうなってしまうのか、という不安と後悔の念につぶされそうになっている、という感じかも知れません。

話し合いが約束されたものだとすると、その話し合いで杏さんが離婚を切り出さないか、捨てられないか、子供とももう一生会えなくなるのでは、ということを自問自答しているのかも。

今まであったものがなくなる、それが家族や、特に可愛がっていた子供となれば、それは恐怖にも変わるはず。その恐怖から逃れるためなら何でも受け入れる、ぐらいの心境になっているのかもしれません。

杏さんの考える落としどころ

杏さんは、今回の不倫騒動以前にも過去東出昌大がした不倫、浮気を乗り越えて(我慢して)家庭を守り仕事も育児も頑張る、といった、非常に生真面目で我慢強い母として、そして女優として、日々を過ごしているようです。

東出の不倫の実態がマスコミに連日のように取り上げられる間も、3人の幼い子供を抱えた杏の慌ただしい日常は少しも変わらなかった

(中略)

これまで、実母や所属事務所幹部らと幾度となく協議を重ねてきたというが、大方の予想に反し“即離婚”とはならなそうだ。杏は「3人の子供たちのことを中心に考えたい」と漏らしているという。

引用元:日刊ゲンダイ

世間では離婚騒動をいろいろと騒がれている中、夫不在の中、杏さんは普段通り3人の子供を抱えて日々を過ごしているようです。

また今後どうするか、については、実母や事務所と何度となく話し合いもしているようですね。

多分周りの人の中には、もうこれ以上一緒にいても仕方がない、つらいだけ、ということで離婚を勧める人もいるでしょう。でも杏さんは3人の子供たちを中心に考えたい、と漏らしている、となると、離婚ではなく再構築の道を選択したい、ということになるでしょうか。

杏さんの落としどころの基本は、3人の子供には不自由なく育っていってほしい、両親の事情などに振り回されずにいてほしい、というところになるとしたら、母子家庭にはせずに、両親のいる家庭を目指す、ということになるのでしょうか。

そうした時に解決するべき課題は、夫である東出昌大が将来にわたって子供に悪い影響が出ないようにすることが絶対条件。

不倫の元となる出会いを制限するように考えて、仕事を辞めてもらい主夫になって家庭の中に入ってもらう、とか(これでも他の家庭の主婦とのお付き合いがあって余計に危なさそうな気がしますが)、もしまた不倫したら、即離婚、慰謝料も莫大なものを請求する、子供にも会わせない、など厳しい条件を付けて再構築の道へ進む、というのが想像できそうです。

今回のまとめ

夫が不倫した後の再構築、しかも1度ならずも複数回ともなれば、再構築の一番の柱となる信頼関係が果たして再び築けるのかどうか、が一番のポイントになりますね。

それを確かめるために、もしかしたら話し合いでは再構築の道をたどるにしても、チェックポイントを設けるかもしれません。

たとえば、1年間まず再構築の道を歩み、途中で何か子供に悪影響のあるような出来事があったら1年後にはもう話し合い無しで即離婚、みたいな条件付き。

東出昌大が、というより、杏さんがどのような考えでどういった道を選択するのか分かりませんが、杏さんにとって一番良い選択となれば良いですね。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事