大阪桐蔭で活躍する西野力矢!中学での出身や身長体重など今後を占う

引用元:ヤフーニュース https://headlines.yahoo.co.jp

まだ記憶に新しい、2018年夏の甲子園の大阪桐蔭の春夏連覇の優勝。非常に話題になった吉田輝星率いる金足農業を決勝で破っての優勝となりましたが、優勝メンバーから変わる新たなメンバーがどうかで、2019年春の甲子園がどうなる、というところも決まります。

そこで始まった秋季高校野球大阪府大会。ここで2打席連続ホームラン、しかも2本目は満塁打と大活躍したのが西野力矢選手。

ここではこの西野力矢選手の中学時代の出身や身長体重などを見て行きましょう。

大阪桐蔭の現状とこれから

史上初の春3連覇&3季連続の甲子園優勝へと突き進む大阪桐蔭高等学校。

記憶に新しい2018年(平成30年)夏、記念すべき第100回甲子園では、作新学院高を一回戦で3-1と破り、決勝では今や高校No.1右腕、ドラフト候補とも言われる吉田輝星率いる金足農業を13-2の大差で破り、2018年は春夏連覇。

今回の春夏連覇は史上初の2度目。

昨年2017年春の甲子園でも優勝していることから、2019年の春、再び甲子園を制覇すれば、史上初の春3連覇、春夏を通して3季連続の甲子園優勝。

今や正に高校野球界のトップに君臨する野球名門校となってますが、中野波来(はる)選手が新チームの主将となった新生大阪桐蔭。前チームから残っているのは主将の中野波来選手(2年)と、副主将の宮本凉太野手(2年)のみですが、今後の活躍が物凄く楽しみですね。

西野力矢選手の出身

その名門、大阪桐蔭で新星として現れた選手が西野力矢選手(1年:内野手)。2018年夏の甲子園ではベンチ入りしなかったものの、秋季高校野球大阪府大会の一回戦では、「3番・一塁」で先発出場し、満塁本塁打を含むホームラン2本、7打点と大活躍。

公式戦は今回初出場で、初打席で2ランホームラン。さぞ嬉しかったと思いますが(というか、頭の中は真っ白だったかもしれませんが)、その勢いで続く打席では、なんと満塁ホームラン!

よほどの実力と、それを活かす胆力がないと、こういった結果はでませんね。

今後さらに熱い注目が集まりそうですが、あだ名は「ごんちゃん」、中学時代は南大阪ベースボールクラブに所属(中学部設立は2012年4月、小学部設立は2018年4月)

南大阪ベースボールクラブのブログはこちら

「1年生なのでがむしゃらに思い切ってやるだけです」とインタビューで語っているようですが、今はとにかくやっていく、がむしゃらに前に進んでいく、というところなのでしょう。そのがむしゃらさが大きな武器を育てていくことになると良いですね。

関連
⇒ 大谷メジャーホームラン21号から25号予想!
松井エンゼルスの記録を超えられるか

西野力矢選手の身長体重

野球選手として少し気になるところでは、身長、体重、というところがありますが、西野力矢選手の現在の身長・体重は、

  • 身長 180cm
  • 体重 86kg

大柄な選手、という印象ですが、高校入学時の体重はこれ以上の98キロもあったとか。

練習のきつさで半年間ぐらいの間に12キロも減量した、ということになりますが、それだけ余計な部分が筋肉となって引き締まり、打撃でのパワーとなっている、ということになるかもしれません。

既に大阪no.1のスラッガーとも言われ、今後もさらにホームランをかっ飛ばし、前人未到の春の選抜3連覇、そして3季連続で甲子園優勝、と、大阪桐蔭の快進撃の原動力になっていくと素晴らしいですね。

関連
⇒ 大谷の肘の手術いつ決まる?
投手打者のメジャー復帰時期や成功・失敗その影響

シェアする

フォローする