槇原敬之の同居知人男性は誰?2年前逮捕された人の名前と関係は?




槇原敬之さんが残念ながらドラッグ所持で逮捕されましたが、ガラス製のパイプからDNAが検出されたようです。

引用元:女性自身

今後新たな展開になりそうですが、そうした報道の中で気になるのが、2年前(おととし)、とか、同居の知人男性、という言葉。

2年前とは2018年になりますが、2018年当時、同居の知人男性って誰のことでしょう?名前など分かるか、現在の槇原敬之さんの状況とともに調べてみました!

現在の状況と知人男性

報道によれば、槇原敬之さんはドラッグ使用は否認しているようですが、気になるのが押収されたガラス製のパイプ。

この押収されたガラス製パイプから槇原敬之さんのDNAと所持していたドラッグが検出されると、ここまでの供述の信ぴょう性もなくなりそうで、今後どうなるかがさらに注目が集まりそうです。

と思っていたところに以下の報道。

当時押収された吸引用とみられるガラス製のパイプに、微量の覚醒剤と唾液が付着していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

唾液からは槇原容疑者のDNA型が検出された。警視庁組織犯罪対策5課は覚醒剤を使用した疑いもあるとみて、調べを進める。

引用元:スポニチ

報道されているように、押収されたガラス製のパイプから槇原敬之さんのDNAが検出された、ということから、これはもちろんそのパイプを槇原敬之さんが使ったことがある、ということになります。

さらに、そのパイプから微量にしてもドラッグが付着していたことが分かった、となると、結果として、そのパイプでドラッグを使用していたのでは、ともなりそうです。

捜査関係者によると槇原容疑者は所持については大筋で容疑を認めた上で「長い間、薬は使っていない。検査しても薬物反応は出ないと思う」と供述。尿の簡易検査は陰性で、使用については現在黙秘しているという。

引用元:スポニチ

槇原敬之さんは、所持については認めてますが、使用については認めていない様子。が、ここでパイプからDNA、ドラッグが検出されたことで、その供述も変わるかもしれません。

でも、たとえば、パイプでドラッグを使用していたのは別の人で、槇原敬之さん自身はパイプで普通にタバコをふかしてた、ということになると、何が事実なのか分からなくなりそうですね。

そうした中、今後、より注目が集まりそうなのが、今回槇原敬之さんの報道を見ていて気になる、2年前、とか、同居の知人男性、という言葉。

2年前に知人男性と同居していたようですが、今回とどういう関係があるんでしょう?ガラス製のパイプの件も、この人の供述がポイントになりそうです。

2年前の同居知人男性

報道を見ると、2年前(おととし)、とか、当時同居していた知人男性、という言葉を見かけます。例えば以下のNHKの報道。

同居していた知人男性が覚醒剤を所持した罪などでおととし逮捕・起訴されていて、当時の捜索で覚醒剤などが見つかっていましたが、捜査関係者によりますと、薬物を吸引する際に使われるガラス製のパイプも併せて押収されていたということです。

引用元:NHK NEWS WEB 2020/02/17

この「おととし」とか「同居していた知人男性」って何だろう、と調べてみると、例えば2018年の日刊ゲンダイで以下のように報道されてました。

歌手・槇原敬之(48)の個人事務所社長だった奥村秀一被告(42)の覚醒剤取締法違反における初公判が10日、東京地裁で行われた。奥村被告といえば、1999年に槇原が覚醒剤所持で逮捕されたときも、一緒に捕まっている。

引用元:日刊ゲンダイ2018/05/13

今から2年前と言えば2018年。この年に槇原敬之さん個人事務所の社長だった奥村秀一さんのドラッグ所持初公判が行われています。(なんと1999年には槇原敬之さんとともに逮捕もされてたんですね...知らなかった)

逮捕直後はパートナー関係を解消すると話していた槇原。だが、2000年には再び同棲状態であることが報じられた。

奥村被告は06年に槇原の個人事務所の社長に就任しました。槇原にとって、奥村被告はそれだけ、かけがえのない存在なのでしょう。槇原が仕事の依頼を受けるかどうかは、奥村被告の一存にかかっていました」(レコード会社関係者)

引用元:日刊ゲンダイ2018/05/13

奥村秀一さんは槇原敬之さんの個人事務所社長であり、奥村秀一さんの判断によって槇原敬之さんも仕事を受けるかどうか決めていた、ということから、その信頼関係は物凄く強い、ということになるのでしょう。

2020年の今回の槇原敬之さん逮捕では、2年前(2018年)、東京のマンションで同居していた知人男性、という報道がありますが、こうした報道を見ると、その同居の知人男性は、槇原敬之さん個人事務所社長の奥村秀一さんなのかな、という感じです。

奥村秀一さんが今どのような状況にいるのかまでは分かりませんが、ガラス製のパイプは誰がどのように使用していたのか、何か供述していたとすると、その内容によって槇原敬之さんの今後も変わってきそうです。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事