新型肺炎が愛知でも!?患者が訪れた場所や病院の情報がないのはどうして?




新型コロナウィルスの感染者がとうとう愛知まで来たようですが、患者が愛知のどこを訪れたかまるで情報がない。

現在分かっている情報や、なぜ詳しい情報が報道されないのか、調べてみた。

愛知の新型コロナウイルス情報

厚生労働省の発表からすると、感染した人の情報は以下の通り。

  • 今月1月22日に旅行で日本を訪れた
  • 中国の湖北省武漢に住む40代の男性
  • 1月24日に発熱などの症状を訴えて愛知県内の医療機関に入院
  • 国立感染症研究所の検査により、26日、新型のコロナウイルスに感染していることが確認された

また武漢からの旅行客かよ...みたいな感じですが、怖いのが、その武漢からの人がどういった経路を通ったか、どこに立ち寄ったのかが知りたい。

これについて、今現在公開されているのが、愛知県の以下のページ。

新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生及び電話相談窓口の設置について

変なデマなどに惑わされないように、正しい情報を把握するには、ツイッターで流れている情報とかではなく、こうした県や厚生労働省のサイトを確認するのが良いですが、それでもこちらに書かれている内容は。というと...

愛知県のページ情報

  • 年代:40代
  • 性別:男性
  • 居住地:中華人民共和国(湖北省武漢市)
  • 症状、経過:
    • 1月22日 来日(このときは症状なし)。
    • 1月23日 発熱
    • 1月24日 症状が続き、関節痛も出現したため愛知県内の医療機関を受診。レントゲン及びCTで肺炎像が認められたため入院。
    • 1月26日 発熱はあるものの容態は安定している。
  • 行動歴:
    • 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。中国において、肺炎患者との明確な接触は確認出来ていない。なお、移動時にはマスクを着用していたとのこと。

情報は以上しかなく、詳しくは厚生労働省記者発表の内容を確認、となっていて「新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について」のリンクがある。

患者の行動はこれしか分からない

結局これらから分かるのが、病院に入院するまでの行動の経路は、多分となりますが、以下のような感じ。

  • 中国から飛行機で来日(22日)
  • 空港は中部国際空港を使ったと思われる
  • 旅行ということは、空港から直接電車で名古屋方面に行った可能性が大きい
  • 24日に入院した医療機関は「愛知県内」と表現され、名古屋、とは限らない
  • 22日に来日し、24日に入院、ということは23日は観光地を回っていた可能性はありそう

1つだけ言えるとしたら、1月22日ぐらいに中部国際空港を利用して、空港から電車を使用したことがある場合、新型肺炎の徴候と感じられることが少しでもあれば、病院で早めに相談したりするのが良さそう、ぐらいでしょうか。

パニックになるから情報を制限している?

なぜこれぐらいの情報しか出さないか、と考えて見れば、細かすぎる情報はパニックの元にもなるし、その他として「現場での取材は、患者の方のプライバシー保護といった観点からも、お控えください。」とあるように、報道の制限もされていそう。

新型コロナウイルスに感染した人の行動を明らかにして、その人が訪れた人付近の人は、少しでも気になれば病院で検査を受ける、とした方が早めの予防にもつながり良いと思いますが、そうなると病院に異常な人数の人が一気に押しかけ、それもパニックになる、という危惧をしているのかもしれません。

厚生労働省のページにしても、愛知県のページにしても、パニックにならないように、ということで、以下のようにメッセージしています。

◆国民の皆様へのメッセージ

○ 今後とも各関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。国民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○  武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、検疫所で必ず申し出下さい。また、国内で症状が現れた場合は、マスクを着用するなどし、あらかじめ医療機関に連絡の上速やかに医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

引用元:厚生労働省

県民の皆様へ

県民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、検疫所で必ず申し出下さい。また、国内で症状が現れた場合は、マスクを着用するなどし、あらかじめ医療機関に連絡の上速やかに医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

外務省から、1月23日付けで中国についての感染症危険情報(一部地域の感染症危険レベルの引き上げ)が発出されています。感染がさらに拡大する可能性があるので,最新情報を入手し,感染予防に努めてください。

【危険度】

●中国湖北省武漢市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

●上記以外の地域
レベル1:十分注意してください。(継続)

引用元:愛知県のページ

いずれにしても少しでも早く詳細情報を知らせてほしい。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事