社内恋愛で復縁したい場合の連絡は?冷却期間やとるべき態度とは?

社内恋愛は毎日会える、仕事でも同じ場所にいられる、ということで、ラブラブカップルには非常に都合の良いものです。でも逆に言えば、別れてしまった、となっても、おいそれと場所を移動できないことから、お付き合いも難しい、といったものでもありますね。

ただ、別れた後も職場でお互い非常に近い位置にいることから、付き合っている間は浮かれて見えてなかった相手の良さが改めて分かる、一時の事情から分かれてしまったが改めて好きになり復縁したい、という場合も実は多いもの。そんな時、相手に想いを伝える、連絡するにはどうすれば良いのか。

また、一旦別れて復縁するまでには通常冷却期間が必要ですが、冷却期間をどれほどとれば良いか、冷却期間中の取るべき態度はどんなものか。

ここでは、社内恋愛で復縁したい場合の連絡方法や、冷却期間はどれほどか、とるべき態度はどういったものかを一緒に見て行きましょう。

復縁したい時はどんな時?

社内恋愛は別れた時が問題

社内恋愛というのは、うまくいっている時はとっても良いものです。

  • 同じ職場にいられるので一緒にいられる時間が長い!
  • 退社の時間を合わせて仕事帰りにデートすることもできる
  • 仕事の都合がお互い分かりやすいので、共通の休みの日も簡単に見つけられる

など、お付き合いの幅が非常に広がるのがその理由。

ただこういった非常に良いことがある反面、別れてしまった場合が問題です。

違う会社に勤めていれば、別れてから毎日会うこともありません。でも、なんといっても同じ職場における恋愛、ということから、別れた相手はいつも通りに出社して顔を合わせる機会が多くある。今まで通りに接するのが、これがなかなか難しい。

意識しないようにすると余計に意識してしまったりして、これはお互いに言えること。

ただ、同じ職場で会う機会/見かける機会が多いため、別れてからも(別れたからこそ、というのもありますが)、例えば、ドアを押さえてまっていてくれたり、コーヒーをいれてくれるなど、細かい心配りや優しさなど、改めて気づかされることも多いものです。

関連
嫉妬で喧嘩で大惨事な社内恋愛!?
嫉妬の男性心理を理解して周囲に迷惑をかけない方法

別れた後に初めて気付く相手の良さ

付き合っている頃は浮かれ半分で相手のことが見えなくなり(つまり自分本位になり)、結果別れてしまう、ということもありますが、別れた後に改めて相手の良い面を目にしていくと、

  • やっと本当の自分の気持ちが分かった
  • また改めてお付き合いしたい
  • 復縁したい

と考えることも多いでしょう。

社内恋愛というのは一緒にいる時間が長いからこそ、相手の良いところに気づきやすく、別れた後でも気持ちが戻るというケースも多いもの。

付き合っていた時には当たり前になっていたものが、別れてから再確認できる、失ったものの大きさに気づく、というパターンですね。

一時的なケンカ、些細なことが別れにつながってしまった場合などでは、別れた後に職場で改めて相手の良さが分かった、俺が/私がバカだった、となれば、これが復縁したいと思う時。

もし相手も同じ気持ちであれば、後はタイミングやきっかけだけの話となり、復縁もそれほど難しいことではないですね。

ただこの時に、

  • 単に失ったものは良く見える、といったぐらいの思いだったり、
  • 同僚に彼氏/彼女ができた、同僚が結婚したから、などの焦りだったり、
  • 親からそろそろ結婚して落ち着け、などといった外部の圧力があったり、

こういった「自分の心の底からの気持ちではなく、何か別の要因が復縁したいと思わせるのか」、一旦冷静になって改めて自分の気持ちを整理して再確認する、ということが大切です。(自分にとっても相手にとってもとても重要な事)

復縁したい場合の連絡法

電話やメールでOKか?

復縁を考えている場合、毎日会社に行けば相手と会える環境というのは恵まれた環境かも、と思うかもしれませんが、実は、意外と近くにいるからこそ難しい、という事も言えそうです。

復縁について連絡したい場合、別れた原因にもよりますが、軽いケンカなど些細なことが原因であればメールや電話などでの連絡で良いでしょう。電話連絡では、可能な限り相手がひとりでいる時。ランチの時や仕事で忙しそうにしている時では、せっかくの想いもただの迷惑にしかなりません。

メールも同じこと。多忙な時期に復縁の話を出されても迷惑にしかならなかったり、期待される返事が来ない、保留扱いにされて返事がもらえない、なんてことにもなりますね。

関連
⇒ こんな告白はふられるぞ!
社内恋愛で迷惑な告白や保留される場合とは?

電話やメールが使えない!

別れる原因が軽いものの場合には、復縁の話もメールや電話でもまず伝える、ということも良いでしょう。でも、他にも好きな人がいたなどの重い理由で別れたケースでは、そもそもメールも読まずに捨てられる、着信拒否されている、という可能性も大きいもの。

こうなると、いくら電話しようがメールしようが相手につながることはありません。

なんでだよー、などと思っても、これはある意味仕方のない事。それだけの事をした、そうした終わり方をしたんだと、グッと抑えるしかありません。

電話やメールでの連絡ができなければ「直接伝えるしかない!」「思い切って突撃だ!」ともなりますが、直接伝えるのが良いのかはちょっと考えるべきところです。実はまだ別の方法が残ってるんですね。

それは何を隠そう「手紙」です。

自分で書いた文字で想いを伝える

電話や直接の対話では、過去の話、別れた時の経緯や状況など「あの時あーだったじゃない」「それが今更どうして?」など、したくなくても話として出るのが普通でしょう。

ここを二人でクリアしない限り新たな関係も進められない、ということにもなりますが、こうした過去の話を出されると、思わず頭に血が上ってしまう、前向きな話のはずが以前のどろどろした話の蒸し返しにしかならなかった、なんてこともあり得ます。

こういったことを回避できるのが手紙、であり、手紙なら落ち着いた環境の中で冷静にひとりで書く、ということができますね。

あまりにも思いを書きすぎ長文になってしまった、重い内容になってしまった、ともなれば相手が引いてしまうこともありますが(ので注意する必要あり)、今ではメールなどが手軽でよく用いられていることから、逆に直筆で想いを込めて書く手紙は「気持ちが伝わる」、「相手の心に響く」、というところでおすすめの連絡方法の1つ。

手紙を渡すときも押しつけがましい態度、マナーに反するものではなく、良かったら読んでください、といった、あくまで相手の立場を考え気持ちを思い、

お願いして読んでもらう

というのが非常に重要なポイントです。

また独りよがりな想いにならず、相手の気持ち、立場をまず第一に。ここを外すと、

  • 「何勝手なことばかり言っているんだ」
  • 「私の気持ちなんて結局何も考えてない」
  • 「あれから何も成長してない」

ともなることから、十分気を付けて想いを綴っていきましょう。

冷却期間ととるべき態度とは?

冷却期間をあまり考えなくても良い場合

社内恋愛で別れた後、職場でお互いが顔を合わすのは良い気持ちになれない、というのが普通です。それでも職場は多くの人が働く場所。周りに変な影響が出ないよう、できる限り何事もなかったのように振舞い、他の社員と同じように接する事が求められますね。

ここで「復縁する」という場合、ある程度の冷却期間、やり直すための時間が必要となりますが、実はこの冷却期間、同じ職場にいるとその期間を取ることができない場合もあったりします。

お互い一度気持ちの整理が着いた頃にもう1度アタックしようと思っても、毎日会う中ではどのタイミングで話しかけていいかがまず分かりません。(別れた後も、いつも職場で顔を合わせているなど、環境に変化がないため)

もし、軽いケンカが発展して別れてしまった場合では、冷却期間がどうのというのはお構いなくても良いかもしれません。というのも、「冷却期間をおかなければ」などと変に構えて時間を置けば、それだけ返って相手の気持ちがドンドン遠ざかる、冷めて行く、ということがあるからです。

普段通りの態度で接して、まだ脈がある、二人の関係にはまだ続きがある、と思ったら、早めに話し掛けていく、ということもありますね。

ただし、軽い原因だったとしても、一旦別れた、という事実があるには違いはありません。

相手が悪い、自分が悪い、など思うこともいろいろあるでしょうが、「相手から見て自分の良くなかった点はどこだったのか」をしっかり振り返えっておく。まずはその点から改める、行動として態度に表す、などをして行くことが、二人の仲が戻る第一歩。

ここができずに一方的に気持ちを伝えても、元に戻るものも戻らない、更にこじれてもう復縁などは夢のまた夢、とどめを刺す、と思った方が良いですね。

関連
⇒ 社内恋愛がバレたらクビになる?!
異動させられたり別れる理由と対処法

冷却期間が必ず必要となる場合

また、軽いケンカなどが原因ではなく、浮気などのような大きな問題が別れる元となった場合では、冷却期間をしっかりおきましょう。

この期間はただ自分が相手への気持ちを考える期間や気持ちの整理、行いの反省期間ではなく、相手に自分が変わったということを見せる期間(信用の再構築の期間)です。

明らかに自分に原因がある場合、その部分がなくならない限り復縁などもあり得ません。悪い癖などがあったらしっかり意識して直す、二度と起きないようにする。

こうしたことを態度に表し行動することで、相手の信頼を回復していく。これは非常に難しいことですが、日々同じ職場で一緒にいる相手だからこそ、その変化に気づく、ということにもつながります。

ただし、相手の気持ちが完全に離れてしまっている、すでに恋愛の対象外としてしか見てもらえてない、という場合には、まったく効果を発揮しないことも念頭に置いておく必要はありますね。

これはもう仕方のない事。

それだけのことをして別れてしまった、ということで、相手の態度が冷めている、冷たいと思ったら、無理に復縁を考えるのではなく諦めるということも、自分にとっても相手にとっても大切だ、ということは覚えておきましょう。

社内恋愛の復縁まとめ

  • 復縁したい場合の連絡法
    • 別れた原因が些細な事であれば、メールや電話
    • 別れた原因が重いものなら、メールや電話が使えない場合もあり、そこで手紙を考える
  • 冷却期間はどれぐらい
    • 別れた原因が些細な事であれば、気持ちの整理がしてきた頃に気持ちを改めて伝える
    • 別れた原因が重いものの場合、冷却期間は「相手に自分が変わったということを見せる期間」(それが見せられなければ、期間は終わらない)
  • 取るべき態度
    • 別れた原因が些細な事であっても、自分の良くなかった点はしっかり振り、その点から改める、行動として態度に表すことが第一歩。
    • 別れた原因が重いものの場合、原因となる言動や行動をしっかり改める、二度と起きないようにする、といったことを態度、行動で示していく

社内恋愛でもそうでなくても、一度別れた二人が復縁する、よりを戻すというのは良くある話。でも、全てのカップルが簡単によりを戻せるわけでは勿論ありません。

別れた原因はなんだったのか、その原因に対して各々どう関係し何を思ったのか。悪いところは直す、その上で信頼回復をして初めて復縁できるというものです。

電話、メール、直筆の手紙、そして直接話す、など連絡手段はありますが、二人のいる場所は同じ職場であり、毎日のように顔を合わす場所。恋愛は二人の関係ですが、個人的事情によって職場に影響の出ないようにするのがそこに働く大人のマナー。

復縁したいとしても、自分の気持ちが第一優先ではなく、マナーは守り、相手の立場や考えを一番に尊重した中で考えていくことが何よりも重要ですね。

⇒ 秘密の社内恋愛マニュアルに戻る

シェアする

フォローする