嵐256曲配信サービスはどこ?配信先と無料視聴ダウンロードはできるかな?




嵐の公式ツイッターやインスタで、なんだこれ?みたいなカウントアップ動画が配信され、私も含めて、256の意味は何?2月5日6時なの?みたいな予想をした人、沢山いますね。^-^;)

256の意味は、なんとオリジナルアルバム16作品256曲を2月7日から一挙に配信するよ、という予告でした。(これ当てた人、凄い!)

256曲を2月7日午前0時から各配信サービスで配信リリース(ダウンロード、ストリーミング)される、ということですが、配信先となる具体的な配信サービスや無料視聴できるのか、調べてみました!

配信される256曲

今回配信される256曲は何か、といえば、2001年1月に発売の1stアルバム「ARASHI No.1 ~嵐は嵐を呼ぶ~」から2017年10月発売「untitled」までオリジナルアルバム16作品の256曲。

すでに色々なサイトで説明されてますが、改めてみてみると以下の通り。

  • 1)ARASHI No.1~嵐は嵐を呼ぶ~ (現在廃盤)
  • 2)HERE WE GO! (2002年7月17日)
  • 3)How’s it going? (2003年7月9日)
  • 4)いざッ、Now (2004年7月21日)
  • 5)One (2005年8月3日)
  • 6)ARASHIC (2006年7月5日)
  • 7)Time (2007年7月11日)
  • 8)Dream”A”live (2008年4月23日)
  • 9)僕の見ている風景 (2010年8月4日)
  • 10)Beautiful World (2011年7月6日)
  • 11)Popcorn (2012年10月31日)
  • 12)LOVE (2013年10月23日)
  • 13)THE DIGITALIAN (2014年10月22日)
  • 14)Japonism (2015年10月21日)
  • 15)Are You Happy? (2016年10月26日)
  • 16)「untitled」 (2017年10月18日)

こうしてみると、すごいですね。

256曲の配信といっても、1)のARASHIから順番に配信されるか、といえば多分そうではなく、工夫がされると思います。

こうした配信順がどうなるかも楽しみですね!

配信サービス

256曲は各配信サービスで配信、それにはダウンロードやストリーミングがある、ということですが、具体的な配信サービスは何か。

これは当然これまで使われていた配信サービス、となるでしょう。

筆頭はYouTube!

筆頭は嵐の公式YouTubeチャンネル

この嵐の公式YouTubeチャンネルは2019年10月9日に開設され、5曲(「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」)のMVが公開されました。(そのため、チャンネル登録者数はたった1日で100万人突破!)

まさかこのYouTubeチャンネルで256曲を公開する、となるんでしょうか?そうなると256曲をMV仕立てにしていく?しかも無料視聴になってしまう?

いや、さすがにそこまでするかな、という感じですが、256曲全てでないにしても、何曲かはこのYouTubeチャンネルで公開されるかもしれません。2月7日午前0時に配信される256曲の一曲目は要チェック!

定額制ストリーミング配信

YouTube以外の配信先となると、YouTubeチャンネル開始と同時に、

のサービスで配信開始してます。

今回の256曲も、当然これらのサービスで配信されることになるでしょう。

私自身はこれらの定額制ストリーミングサービスは使ってませんが、Spofifyは無料プランがあるようです。

Apple Musicは、プレビューで曲の一部が無料で視聴できるようですし、Amazon MusicもAppleMusic同様にプレビューで曲の一部が無料で視聴できるようです。

今回のまとめ

256のカウントアップ動画はびっくりしましたが、更にびっくりしたのが今回の256曲配信。

最初はどの曲が配信されるのか、と、ドキドキワクワクしてしまいますが、最初の配信は、やっぱり嵐の記念すべき1stの、更に最初の「Introduction 〜STORM」と「A・RA・SHI」になるのかな?

256曲が全て順次配信、というのも楽しみですが、256曲の最初と最後に何を持ってくるかを予想したり、区切りの、たとえば50曲目、100曲目、200曲目、などに何を持ってくるか、を考えたりするのも楽しいですね。

まだまだこれから!活動休止と言っても、2020年は嵐旋風の1年になりそうです。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事