第1子出産後ドケルバン病になる理由?!川崎希やセカオワSaoriがなった訳とは




引用元:スポニチ

セカオワSaoriさんが第一子出産後に「ドケルバン病」になっていたようですね。今は完治しているようですが、第一子出産後、というところが気になります。

同じところでは、元AKB48の川崎希さんも第一子出産後にこの「ドケルバン病」になったようですが、ドケルバン病と第一子出産、というのが関係するのか、調べてみました!

セカオワSaoriの場合

セカオワSaoriさんの「ドケルバン病」については、以下のように報じされてます。

人気バンド「SEKAI NO OWARI」のSaori(33)が14日、自身のツイッターを更新。第1子出産後にドケルバン病に苦しんでいたことを明かした

「セカオワの前座としてピアノを弾いたときの」と動画を公開し、「ファンクラブツアーの最終公演、沖縄だけこれ弾けなかったんです」と明かしたaori。「実は産後になり易いという『ドケルバン病』になり、公演を重ねる度に親指側の炎症が強くなり、指を広げると激痛が走っていました」と第1子出産後に、ドケルバン病に苦しんでいたことを告白した。

セカオワSaoriさんがツイッターで公開した、というのは以下の内容。

報道にあるように、「実は産後になり易いという「ドケルバン病」になり、公演を重ねる度に親指側の炎症が強くなり、指を広げると激痛が走っていました。」とツイートされてます。

ドケルバン病とは、簡単に言えば手首や母指(親指)の腱鞘炎(けんしょうえん)のこと。筋肉と骨を結合する組織の束を腱(けん)、腱鞘(けんしょう)とは、その束を包む鞘(さや)みたいな部分のことで、そこが炎症して痛い!ということになりますね。

セカオワSaoriさんの場合では「公演を重ねる度に親指側の炎症が強くなり、指を広げると激痛が走っていました。」とツイートにあるように、親指側が炎症を起こしてしまい、そのため指を広げると激痛派が知り、指を広げるような曲が弾けなかった、ということになりそうです。

第一子出産との関係は?

このドケルバン病について、セカオワSaoriさんの場合、第一子出産後にそうなった、とあり、また、別の例では、元AKB48の川崎希さんも第一子出産後にこのドケルバン病になったようです。

ドケルバン病にかかる原因を調べてみると、「産後や更年期に増える腱鞘炎 悪化させないうちに受診を」では以下のように解説されてます。

腱鞘炎は、男女比でいうと女性に多い病気。

「年齢的には40代から増え始めますが、20代や30代、産後の女性にもみられます。また、手首をよく使うスポーツや仕事をする人に多いのも特徴ですね」

まずドケルバン病は、女性の方が比較的多く、産後の女性や手首をよく使う仕事やスポーツをする人に多いのが特徴。

セカオワSaoriさんの場合、指をよく使うのでこのケースにぴったり当てはまります。

女性ホルモンであるエストロゲンには、炎症を抑え、腱鞘内の腱の動きの滑らかさを保つ作用があります。そのエストロゲンの受容体が、腱鞘の中の滑膜という部分に存在するのです」

女性ホルモンが急に降下するとき(出産後、排卵時、月経前)や低値になったとき(授乳期、更年期)には、腱や腱鞘が腫れて、当たりやすくなることがあります。

またなぜ第一子出産後か、というのはここに書かれているように、炎症を抑える作用のあるエストロゲン、というものが、出産後などにはホルモンバランスが崩れ女性ホルモンが急降下する中で、エストロゲンがうまく機能しなくなることがある、そのため、腱や腱鞘が腫れやすくなる(つまり腱鞘炎になりやすくなる)ということのようですね。

更に第一子出産後ということで言えば、

もともと腫れが出やすい時期に、子どもを抱えたり、仕事で手指を酷使するなど負担が加われば、腱鞘炎を発症しやすくなります。中には、生理周期に合わせて腱鞘炎の症状が出る人も。ただし、ホルモンバランスがどう影響するかは、個人差があります

第一子出産、というのは、初めての連続。赤ちゃんを抱えたり、その他いろいろと(初めての経験なので普段以上に)手や指に負担を書けてしまう場合がある、それが母指(親指)の腱鞘炎(ドケルバン病)につながる、ということになりそうです。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事