「のんびりな会」意味や由来は?中居正広退所独立インタビュー




引用元:文春オンライン

元SMAPの中居正広さんがいよいよ独立!ということで記者会見が開かれましたね!

記者会見の様子も中継されましたが、最初に神妙な面持ち、というか能面のような顔(笑)で登場し、みんなを楽しませる雰囲気や、なごんだ雰囲気満載のものでした。

そうした中、父親の命日である2月19日に会社を設立(登記)した!ということで、その会社名をお話になりましたが、その会社名が「のんびりな会」というもの。

あら?というような感じもあり、中居さんらしい、みたいな感じもしますが、ここではその会社名「のんびりな会」の意味や由来を調べてみました!

中居さんの記者会見の様子

中居正広さんが会社名を公開した独立記者会見では、今回の独立について以下のようにお話しされてますね。(実際動画を見た方が良いですが、NHKのニュース記事から見てみましょう)

会見では今回の決断の理由について、「解散したあと、意欲というか、『よし次』という感じにならなかった。環境を変えないといけないなと思い、自分1人で決めました」などと述べ、去年の5月ごろから事務所に相談してきたと説明しました。

引用元:NHKニュース 2020/02/21

実際の会見では、SAMP解散後、他のメンバーの退所(新しい地図のメンバー)などがあったり、その後のジャニー喜多川さんがお亡くなりになったりと、タイミングがつかめなかったことや、1週間、1か月、半年、1年、と月日が流れても、よしやるぞ、みたいな意欲がなかなか出てこなかった、ということをお話しされてます。

そうした中でも、SMAP解散後3年がたち、環境を変えないとだめだ、それも一人で、ということで、今回の独立記者会見につながったようですね。

中居正広さんは元SMAPのリーダー。

SMAPの解散ではTVで5人そろっての発表時の話し(木村拓哉さんがリーダーみたいに発表していたこと)や、他のメンバー間の確執話し(木村拓哉さんと香取慎吾さん)などがあったり、長年人気を博し、国民を代表するグループだっただけに中居正広さんもいろいろと気苦労が多かったと思います。

そうした中で、SMAPも解散となり、会見でも多少触れてましたが、少しばかり消失感みたいなものや、心の中にぽっかり穴が開いた、みたいな感じになっていたのかも。

そして3年たち、やっと気持ちの整理ができた、というか、このままではだめだ、次のステップに思い切って進む時期が来た、そのためには環境をかえなければ、と思える感じになってきたのでしょう。

会社名は「のんびりな会」

独立記者会見でも、記者からの質問で、新しい会社の名前は、と問われても、照れてしまって中々話せない中居さん。

そして告げられたのが「のんびりな会」。

ここで発表するような名前じゃない、とか、忘れないように父親の命日の日に投棄した、など、もろもろエピソードを紹介しつつ結構引っ張って笑いながら告げられたのが、この名前。

社員も誰もいない、マネージャーもいない、いるのは中居正広さんただ一人。

のんびりやっていこう、という思いがこめられているようですが、よく見ると、

のんびり 中居

と、なってますね。

中居さんもSMAP解散後、どうも意欲がわかない、次のステップに行くぞ!という気持ちがなかなか湧き上がってこない、という時期がかなり長く続いたようです。

それでも今回SMAP解散後3年たち、中居さん自身から見れば「ようやく動けた」みたいなタイミング。

きっと、この独立記者会見までに、次に行きたいけど自分が思うように動かない、みたいな、あせりもあったでしょう。

そうした中で見つけた答えが、あせらなくてもいい、のんびりやればいい、というある種の開き直りと思い切り。

そうした中で、「のんびり 中居」と何となく思いつき、お、いいね、今の状態によくあっている、そして、それだけじゃ面白くない、ちょっとひねりをきかそう、ということで「中居」を「な会」に変え、結果、「のんびりな会」にしたんじゃないかな。

中居さんもこれまで芸能界をひた走ってきたんだから、ゆっくり自分のやりたいことを見つめながら進められればファンとしても嬉しいところ。

のんびりな会、いいじゃないですか。へたにかっこいい名前だったりするより、よほど中居さんを表していると思います。

これからも頑張ってくださいね!ファンに明るい話題をどんどん振りまいてください。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事