オリンピック1年延期で嵐活動休止や国立ライブはどうなる?




新型肺炎の感染拡大に伴って、オリンピックが中止になる、延期される、さらに延期と言っても1年延期説まででてきました。

引用元:https://sports.nhk.or.jp/

今後どうなるか全く予想ができませんが、五輪が1年も延期となると気になるのがスペシャルサポーター(ナビゲーター)の嵐。

嵐はご存じのとおり2020年で活動休止予定、オリンピックのスペシャルサポーターでもあり、さらにオリンピックで活躍する新国立競技場でのライブも予定されていて、これらもどうなるんだ、とファンなら当然気になります。

どんな状況か見てみましょう。

オリンピックが1年延長?

オリンピックが1年延長される、という話の元は、最近話題の国際オリンピック委員会(IOC)最古参、ディック・パウンドさんの発言。

弁護士でもある同氏は「もし日程の再検討が必要となれば、理論上は同じ開催時期で2021年に延期される可能性がある」と指摘。年内の延期については欧米のスポーツと開催時期が重なることから「非常にまずい」と否定的な見解を示した。

引用元:KYODO 2020/02/27

ディック・パウンドさんはあくまでIOCの委員の一人というだけで、先日も延期とか中止の発言をしてニュースで取り上げられましたが、IOCに正式に確認すると、それはIOCを代表する意見ではない、と返答が返ってきたばかり。

IOCでは5月ぐらいまでにどうするか決定する、という報道が流れてましたが、今回の1年延長説も、あくまでディック・パウンドさんの個人的見解、ということになりそうです。

ただ、現状日々ニュースで報道されているように感染拡大が止まらない。となれば、1年延長という案は一見良さそうにも見えます。

報道にあるように、競技、という視点だけ見れば、「年内の延期については欧米のスポーツと開催時期が重なることから「非常にまずい」」とあるように、というより、非常にまずいレベルではなく、変に時期をずらすと、もぐらたたきのようにその他の競技日程が一気に崩れそう。(いや確かに非常にまずい、となるか)

それよりも、というとなんですが、ここで更に気になるのが、東京五輪のスペシャルサポーター(スペシャルナビゲーター)となっているジャニーズ・嵐の存在。

1年延長となると嵐はどうなる?

2020年の東京五輪が2021年へと1年延期されれば、当然2020年で活動休止宣言している嵐はそのときにはもういない。

普通に考えれば、2021年五輪となる場合、別の人やグループが嵐の代わりにスペシャルサポーター(ナビゲーター)となるでしょう。

オリンピック延期に伴って、嵐の活動休止も延期されるのか、という声もネット上にはとてもたくさんありますが、嵐のためのオリンピックではなく、あくまでオリンピックがあり、そのオリンピックのナビゲーターとしてだれを選んでいるか、と言うお話し。

嵐にしても、オリンピックのために存在するグループではないので、仮にオリンピックが1年延長されて2020年ではなく2021年になったとしたら、残念ながらその時は嵐がスペシャルサポーターではなく、別の誰か、別のグループがとってかわる、ということになるのでしょう。

が、そこで更に気になるのが、これはもう未来の話しで誰にもわかりませんが、仮に1年オリンピック延長されたとして、2020年で嵐が活動休止する、としても、2021年のそのオリンピックで、幻の復活!があるかもしれない。

嵐にしてみれば、やることと、と決めたことができなかった、やり残しを残さない、とかで一瞬オリンピック開催時に嵐が復活する、みたいなシナリオは考えられそう。

そうなると凄いですね。嵐ファン、ジャニーズファンは大喜びで大いに盛り上がること間違いなし。

新国立のライブはどうなる?

もう1つ気になるのが、仮にオリンピックが1年延長された場合、嵐の新国立競技場のライブはどうなるか、ということ。

新国立競技場は2020年の東京オリンピックの主会場として建設された競技場で、2019年12月21日にオープニングイベントが開催されてます。こけら落しは2020年1月1日の天皇杯 。

この競技場で、東京オリンピックの開会式や閉会式はもちろん、陸上競技やサッカーの試合が行われる予定ですが、嵐はオリンピック開催前の2020年5月にライブコンサートを予定しています。

この新国立競技場での嵐のライブはオリンピックのためのものではないので、オリンピックが1年延期されたからと言って、このライブの中止や延期はないでしょう。(だって関係ないから)

ただ気になるのが、新型肺炎の感染拡大による影響。

ジャニーズ事務所は2月25日にはグループのツアー延期や救援の発表をしています。これから5月までまだ時間があるにしても、この新型肺炎の感染拡大がいつピークをむかえ、いつ収まりを見せるか、で、この5月のライブが本当に開催されるかどうかが決まるでしょう。

IOCの見解として5月ぐらいにはどうするか決めなければならない、みたいな報道があることから、5月、というのが1つのポイント。

嵐のライブの場合、5月開催、となると、遅くともその1週間とかぐらい前までに判断する、それまではだれも実際に開催されるのか、または中止や延期になるのかは分からない、という感じだと思います。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事