新型ウイルスで臨時休校!期末試験や通知表と3学期はどうなる?




新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大に伴い、春休みまで全国の学校を臨時休校、という方針が出されました。

この方針に従う自治体、従わない自治体、と足並みがそろってない状況にもなりますが、初めての経験で混乱は勿論するでしょう。

そうした中、要請通り臨時休校をするにしても休校時期を多少ずらすにしても、春休みまで休校となれば、3学期の期末試験(学年末テスト)や通知表はどうなるのか、が非常に気になるところ。

ここでは今後どんなことが起きそうか、対応する案はどんなことが考えられそうか、現状を踏まえて調べてみたいと思います。

臨時休校の状況

臨時休校の要請が安倍首相から出されています。

賛同する人、批判する人、色々と意見が出されてますが、まずは、感染拡大を如何ににおさえるか、そうした中でこそ社会が安定し、仕事や学業も機能する、ということで、その基盤をまず守る、という点では、類を見ないことですが、1つの大きな決断と言えそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大で、安倍晋三首相が全国の学校を3月2日から臨時休校にするよう要請したことに対し、各自治体の首長らは28日午前、相次いで記者会見で対応を発表した。戸惑いや批判の声も上がり、要請に従わず独自の対応をとる自治体も出てきた。

引用元:毎日新聞 2020/02/28

まず今回の要請は、3月2日から臨時休校する、という内容。つまり春休みまで含めると、3月は学校は全てお休みで、3月に予定されていた期末テスト、卒業式、通知表を渡す、などのイベントは基本すべてなくなる、となります。

当然学校関係者は、言っていることは分かるが現場はどう対応したらよいのか、となり、大至急で対策を考える、ということになりますね。

戸惑いや批判の声が上がるのは当たり前のことですし、それを承知で3月2日から休校、という要請を出している、まずは生命の危機回避があってこそ社会の安定があり、そうした中で教育が成立する、と考えると、今回の休校要請判断は大きく見れば正しい方向性に見えますが、その後に残された課題をどうクリアしていくのか、政府、自治体、教育現場含めて、手腕が問われるところ。

批判は誰にでもできますが、今回の本質、一番の基盤となる”生命をいかにして守るのか”というところの意識共有をまずしっかりした上で、出てくる課題に対して1つ1つ何とか対処していく形で進むしかない、ということでもあると思います。

期末試験

言っているいることは分かる、でも、実際にはどう対処したらいいのか分からない、というのが教育現場の人たちの本音でしょう。

でも休校する、と決めたからには、何とか対処法を考え実行に移すしかない。

たとえば3月には期末の試験がありますが(2月下旬に終わっている、というところ多いと思いますが)これがないと、生徒の評価ができない、通知表が書けない、ということから、これをどうしたらよいのか。

考え方は2つしかなく、

  • 1)期末試験を実施する
  • 2)期末試験を実施しない

1)期末試験を実施する場合

期末試験を実施する場合では、更に、年度内で実施するのかしないのか、という選択肢も考えられそう。が、年度を超えると、学校を卒業してしまったり、学年が変わる、ということで、対応方法もより複雑になりそうで、実施するのであれば3月中に行う、と考えるのが普通な感じ。

今回の臨時休校の趣旨は、感染が広がらないように集団になることを避ける、という意図がある、と考えれば、逆に言えば、集団とならない(感染リスクのない)形で実施できないか、と考えて行くのが1つの案。

集団とならないように試験を実施する、となれば、臨時休校なので、学校にはまず誰もいない、というところに目をつける。

中学、高校などは3学年ありますが、3学年とも全て学校には生徒はいない、とすると、誰もいない教室が沢山あることになります。

試験を実施する場合、日にちをずらすのは試験問題が漏洩する、ということも考えられ、できれば同じ教科は同じ日に実施したい。

ということから、例えば1年生の試験を実施する場合、2年生、3年生の空いている教室に分散して入り、1教室内は最大10人などとして生徒各々の空間を十分明けた中で試験を行う、というのは考えられそう。

そうした実施を考えても、それでも十分な空間が確保できない、となれば、近くの学校や施設と協力する、というのもありそうです。

たとえば、A校、B校と2つある学校では、この日はA校の試験実施、として、両方の学校においてA校の試験を実施し、空いている教室を全て共有して生徒を十分に分散させる。

また、登校下校の時間も集団とならないように分散させる。たとえば10分おき、20分おきなどに生徒は分散して帰宅する、など。

中々トリッキーな形になりますし地域内の協力体制が必要になりますが、区域の学校が全て臨時休校、となれば、空いている空間を共有して対処する、というのは考えられそうです。

2)期末試験を実施しない場合

期末試験(学年末テスト)を実施しない、となると、生徒各々の評価がつけられない、ということもあり、なかなか難しいところ。

こうなれば、評価する材料をなんとかそろえるか、今ある材料(1月2月の中の小テストなど)から評価をして行く、ということも考えられそうです。

ただ、一番の評価の要となる学年末テストがないと、総合的に評価が出しづらいし、評価される生徒から見ても今一つ納得できない、ということもあって、何らかの形で期末テストを実施したい、ということになるかもしれません。

期末テストはできないが、その代わりにレポートを提出させる(これは小学生、中学や高校生には少々難易度が高そうだし、出題するテーマも難しそう)、ネットを活かして、メールなどで出題し回答もメールで受ける、というのも考えられますが、家族に教えてもらう、とか、見てはいけない、といっても教科書、参考書を見てしまう、などカンニングの対処ができない。

それでも今回は非常事態、ということで、ある程度参考書を見たりするのは承知のうえで、Webテスト形式でテストを行う、そうしたものを評価の参考にする、というのは考えられそうですが、そもそもWebテストを用意する(そうしたシステムを用意する)こと自体、これまで実施経験がなければ大変でしょう。

となると、期末テスト(学年末テスト)を何も実施しない場合には、1月2月の小テストなどを参考に学年末テスト実施の代わりにする、というのが苦肉の策になるのかもしれません。

通知表

3月は学年末、ということで、通常では通知表を受け取ります。

が、今回休校となれば、通知表を渡すタイミングがない。

こうした状況で通知表を渡すには以下の4つぐらいが考えられそう。

  • 1)生徒に分散して(時間指定したりして)学校に来てもらう
  • 2)先生が生徒一人一人の家庭を回り、通知表を個別に渡す
  • 3)郵送対応
  • 4)ネットで画像などを送る(現物は別途渡す)

1)分散して学校に来てもらう

新型肺炎の感染拡大にならないよう、生徒には時間指定して個別に学校に来てもらい、通知表を渡す、ということは考えられそうです。

学校も多くの生徒がいれば、時間指定して来てもらい渡す、というのもなかなか大変で、長い期間かかると思いますが、集団となってしまっては折角の臨時休校の意味がなくなります。

期間的に現実味がないかもしれませんが、こうした手渡しの場合、これも学年末テストの対応と同じで、地域の他の学校や施設と協力して、複数の場所で分散して渡すなど、なるべく短期間にすべての生徒に受け取ってもらえるように工夫する、ということになるでしょうか。

2)先生が家庭を回る

先生が生徒の家を回って通知表を個別に渡す、というのは普通に考えられそうな案です。

ただ、小学校、中学校では家庭訪問のような形で回れそうですが、高校となると生徒の家もかなり離れているケースもあり、なかなか難しそう。

小学校、中学校では担任が生徒の家を回って渡す、高校など生徒の家が離れている場合には別の案で対応する、ということが考えられそうです。

3)郵送対応

生徒に学校に来てもらうのは難しい、でも、個別に家庭を回るのも難しい、となれば、「送る」という手段が考えられます。

その1つが郵送対応。

生徒個別に通知表を郵送して送る、という形ですが、普通郵便で送る、ということにならないとしたら郵送費用もそれなりにかかる。

この費用をどのように考えるか、になるでしょうか。

4)ネットで画像などを送る

送る、という手段では、現物を送るといった以外にも、内容を撮影して画像として送る、ということも考えられそう。

前提としては生徒はネット環境があり、LINEやメールなどで受け取れる手段があることになりますが、小学生は難しいとしても、中学生や高校生はスマホを持っている生徒は多くいる、と考えると、1つの実現案にはなりそうです。

勿論受け取る環境がない生徒には、上で見た3つの案のいずれかで対応する、と、合わせ技で考える、となりそうです。

画像で送る場合、現物の通知表をどうするか、が課題として残りますが、新型肺炎の感染拡大が一段落した時点で、学校に取りに来てもらう、など対応する、などしていけば良さそうです。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事