JASRACはなぜカスラック?勝訴理由や音楽家が育たないって本当?




JASRACと音楽教育を守る会(音楽教育事業を営む企業・団体による組織)との裁判で第一審判決が出て話題になってますね。

判決はJASRAC側の勝訴、ということから、JASRACをカスラックと呼んだりして、JASRAC勝訴が音楽の未来を閉ざす敵な意見や、JASRACは目の前の利益だけに目を向けている、など批判の声も多くあります。

実際のところ、JASRACがカスラックと言われる理由や、今回勝訴したわけはどんなところになるのか、JASRACが勝訴すると音楽家が育たないって本当なのか調べてみました!

JASRACってそもそも何?

JASRACは何をしているところか、ということからですが、何かJASRACは音楽の使用について、とにかくお金をとって私腹を肥やしている、みたいに言われますが、実際どんなところなのでしょう。

これはJASRACのホームページを見るのが一番早いですが、JASRACは、

  • JASRACは、膨大な数の管理楽曲をデータベース化している
  • そうした膨大な数の楽曲が、演奏、放送、録音、ネット配信といった色々な形で利用される際に、利用者が簡単な手続きと適正な料金で著作権の手続きができる窓口となっている
  • 利用者がお支払った使用料は、作詞者・作曲者・音楽出版者など権利を委託した人に分配している

簡単に言えば、世の中にある多くの曲を管理し、その曲を使用するにあたって簡単な手続きで利用するようにしていて、その使用料は著作権者である作詞家や作曲家、出版社など権利をを持っている人に分配している、となりそうです。

つまり、作詞にしても作曲、演奏にしても、その権利者(個人やグループ)各々が、その曲を使用したい!という人に対して個別に対応していてはとても創作活動などできるはずもない、ということから、それら著作権者に変わって使用手続きや使用料の徴収を行っている、ということになるでしょうか。

もちろんこうした手続きの中で得た使用料は権利者に分配される(=作詞家や作曲家、演奏家の収入になる)ということになるでしょう。

カスラックと言われる理由

こうしてみると、作詞家や作曲家、演奏家などの著作権者にかわって、曲の使用料を利用者から徴収する、といった、著作権者の創作活動とはまた違うところの事務手続きを権利者に代わって行なっている、と見えます。

権利者は創作活動とは異なる、ある意味面倒な事務手続きに余計な時間をとられることなく、作詞や作曲、演奏、といった創作活動がやりやすくなる、と見えますが、でも、カスラック、などといった不名誉な呼ばれ方をしてますね。

なぜ、カスラック、といった呼ばれ方をしているかと見れば、どうやら、今回裁判にあったように、音楽教室といった、音楽家たちを育てるところ、子供たちが多く集まるところ、からも曲の使用料を徴収する、など騒がれているからのようです。

  • 音楽家たちの活動を支援する団体に見えるのに、その音楽家たちの卵となる人たち、子供たちからもお金をとるのか!
  • そんなことしてたら、その卵となる人たちが自由に活動できないし、そうなると音楽家が育たない!
  • やっていることをみると、日本の音楽にとって悪影響があるようにしか見えないぞ!

という感じですが、そうしたところから、金の亡者的にみられて、更に、音楽の促進が妨げられる元凶、見たいに言われ、JASRAC(ジャスラック)ではなく、カスラック、と呼ばれているようです。

JASRACが勝訴したわけ

今回の裁判では、私も少し勘違いしてましたが、元々JASRAC側が「使用料を払え!」と裁判を起こしているのかと思いきや、どうやらそうではないようです。

少し複雑ですが、JASRAC側が音楽教室側に使用料を求めたことに対して、求められた側が「音楽教育を守る会」というものを作り、その「音楽教育を守る会」が、支払う必要はない、と裁判を起こしたようですね。

日本音楽著作権協会(JASRAC)が全国の音楽教室から指導時の楽曲演奏の料金を徴収する方針を決めたことに対し、ヤマハなど音楽教室を運営する約250の事業者らがJASRACに請求権がないことの確認を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。

引用元:朝日デジタル 2020/02/28

結果として2020年2月28日の報道では、第一審の判決でJASRAC側の勝訴。(つまり教室側は使用料を支払う必要がある、ということ)

裁判長の言葉を引用すれば「教室の生徒が払うレッスン料には音楽著作物の利用の対価が含まれる」ということで、音楽教室側の主張(使用料を支払う必要はない)を退けた形になりました。

内容的に、著作権にかかわる解釈となって難しいですが、簡単に言えば、

  • 教室の主体は事業主にある
  • 事業主から見ると、教室の先生や生徒は沢山いて「公衆」にあたる
  • 先生や生徒は「公衆」なので、そうした公衆に対して演奏される曲が勧誘の目的で利用されたりなど、曲自体が価値として利用されている(だから使用料を払う必要がある)

とうことになるでしょうか。

教室は利益を求める営利団体であり、そうした営利団体が生徒の勧誘(流行りの曲が弾ける、などで勧誘したり)や曲を演奏できることで教室に通う(流行りの曲が弾けるようになる)、といったことでその団体(教室)の利益につながるのであれば、その曲の使用量を払う必要がある、ということでしょうか。

世間的の多くの人は(といっても割合までは分かりませんが)こうしたことから、JASRACはお金儲けしか考えてない、とか、だからJASRACはダメなんだ、カスラックだ、と言われるようですが、営利団体が使用料を払うのは、何か当たり前のような気もしますがどうなんでしょう。

ちなみにJASRACが教室側に求めている使用料は、年額受講料収入の2.5%。仮にこの2.5%全てを生徒側に負担させるとすると、

  • 1か月の教室の受講料が5000円として、その 5,000円 が 5,125円(つまり125円UP)
  • 1か月の受講料が10,000円であれば、10,250円(つまり250円のUP)

ここでは生徒に全額押し付けた形ですが、そうではなく、企業の収入から一定の割合を差し引き使用料として出しても良いはず。

勝訴判決を受けJASRACが会見「一般人の常識に即している判決」の記事にも書かれてましたが、この125円とか250円とかで、日本の音楽がダメになる、と言われているとしたら、それもどうかとも思えそうですし、営利団体である教室側は、収入を得て教室を維持・拡大とかしているわけで、そうなれば得た収入から支払うのも普通な感じがします。

どうも、教室から使用料を徴収すいる=子供からお金を巻き上げる、的な図式で語られているようですし、アーティストの中にもそうした考えがあって「子供からはお金は取りたくない」「だからJASRACはダメなんだ」みたいは意見もあるようですが、そうではなく、レッスン料はもちろん据え置き、使用料は企業努力で企業の収入から出す(それが音楽振興を掲げる企業の生きる道?)というのが理想的(なのかな?)

JASRACが利権団体、音楽教育を守る会も利権団体にも見えかねない感じもするし、利権団体同士のぶつかり合いが今回の裁判、と映る人も多いかもしれません。

再びカスラックという呼び方の話に戻りそうですが、お金の動きが分からない、そうして得た使用料が私腹を肥やすのに使われるからダメ、という意見もあるようですが、それは憶測にすぎないし、JASRAC以外の多くのその他の企業にしても、得た収益をどれだけ詳しく公開しているか、を考えれば、JASRACもそうした点は同じでは、みたいな感じもします。

音楽家が育たない?

JASRACがあることで音楽、音楽家が育たなくなる、だからJASRACは不要、カスラックだ、という意見も多いように見えますね。

JASRACが音楽や音楽家が育つことを妨害している、ような意見ですが、こうしてみてきた限りでは、そうした風には見えない感じです。

JASRACの目的は、作詞家、作曲家、演奏者などの著作権者が創造活動がよりしやすいように、権利者にわたるべく使用料の徴収、といった事務的なところを変わってやっている、というところに見えます。

となれば、その分、事務手続きみたいな煩わしいことから解放されて、著作権者の活動がしやすくなる、という感じに思えますが、何か違うのかな?

一般の人(音楽家でない人)がJASRACをカスラックと呼ぶのは、多分、JASRACが何でもかんでもお金をとろうとする姿勢に見えてしまっている、ということからだと思いますが、音楽家からすると、JASRACに登録した自分の曲を自分が使おうとするとその使用に関して制限が出てきてしまう(つまりJASRACの指針に沿わないといけない)、ということもあったりして不自由な思いをしてしまう、というところにあるようです。

JASRACがカスラックと呼ばれるとしたら、使用料の徴収よりも、作り手であり著作権者(JASRACに曲などを登録する人、その曲の権利を持っている人)が不自由な思いをすることにあり、そうならないように仕組みを改善なり改革をして行くことを示していく必要がありそうです。

そうしたことを解決していけば、JASRACのおかげで音楽が育たない、とか、音楽かが育たない、ということもなくなるのかも。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事