韓国でマスク破棄動画!不適切な行動で1万枚が無駄に




韓国では新型コロナウイルスの感染者が凄いことになってますが、当然マスクの需要は高いわけですが、そんな中、なんと1万枚ものマスクが破棄されることになったとか。

アルバイト男性の不適切な行動が原因のようですが、その不適切な行動の動画がアップされ、非衛生的だと非難が集中。

結果、マスクメーカーの WELKEEPSは、その当日生産されたマスク、1万枚以上を破棄することになったようです。

ここではその不適切な行動と言われる動画はどんなものか調べてみました!

不適切な行動の動画

元々の動画は見つからないようですが(削除されたのかな?)韓国国内のニュースではその動画の様子が報道されてます。

アルバイトが不適切な行動をした、ということですが、その不適切な行動は、元のニュースを引用すると以下のようです。

事の発端は今月3日にさかのぼる。韓国のマスクメーカー・WELKEEPSで勤務するアルバイト男性がSNSに未包装のマスクを素手で触り、頬にこすりつけている動画をアップした。これがインターネット掲示板を中心に広まり、「非衛生的だ」と批判を浴びていた。

引用元:レコードチャイナ 2020/03/06

マスクメーカーは、韓国のWELKEEPS社。

そこに働くアルバイト男性が、何を想ったのか、まだ未包装状態のマスクを、直接素手で触ったり、頬にこすりつけたりした、とのこと。

自分のマスクならいざしらず、消費者に出回るマスク、しかも未包装のものに対して、こんなことすれば、それは非難されることはもちろん、会社としてもそのままにしておけないでしょう。

これを受け、同社のパク・ジョンハン代表はホームページを通じて「当日生産した全てのマスク対して出庫保留措置を取り、監視カメラの映像を元に前後2時間ずつ計4時間の生産製品を廃棄する」と明らかにし、「お客様に心からおわび申し上げる」と謝罪したという。廃棄量は1万枚以上に上るとされている。

引用元:レコードチャイナ 2020/03/06

実際 WELKEEPS社では、アルバイト男性が問題の行動を起こした時間を監視カメラの映像で特定し、その前後2時間(計4時間)に生産されたマスクを破棄することにしたようです。

その破棄量が、なんとマスク1万枚以上。

ネット上では非難の嵐

韓国でも今やマスクは必需品だと思われますが、さすがにこの不適切な行動はないですよね。

ツイッターでもたとえば以下のように拡散されているようです。

実際韓国のネット上では、

「マスク1枚が貴重な時期に何やってる」
「マスク3枚買うために何時間も並ばなきゃならないのに…」
「顔を公開すべき」
「当該アルバイトを告発すべき」

など、非難の嵐のようですが、マスクが非常に貴重ということで、「そのマスクでいいから破棄するなら欲しい」といった声もあるようです。

背に腹は代えられない、というか、切実さが出てますね...

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事