新型コロナで中国の賠償額はどれぐらい?米議会で法案可決されるのか




世界中に感染が拡大している新型コロナ。アメリカでも感染拡大中で3月26日現在、約5万5千人、10日間でおよそ13倍となる勢い。

世界中で感染拡大し、更にアメリカ自体でも想像もできなかったような状況になっていることから、米議会でなんと、責任を中国に取らせる、といった法案が提出されたのだとか。

え?アメリカ国内でその法案が可決されると中国を訴えられる?

アメリカ国内法によって他の国を訴える、というのはよく分かりませんが、そうなると賠償金などどれほどになるのか、そうした記載のある法案なのか、調べてみました!

米議会で法案提出!

新型コロナの責任は中国にあり!みたいな法案、というのがどういったものかを見てみると、以下の記事に載ってました。

共和党上院のジョシュ・ホーリー議員と共和党下院のエリーゼ・ステファニク議員によって提出された法案では、中国の新型コロナウイルスに対する「不十分で疑わしい姿勢」も非難された。

「中国がウイルスを秘匿しようとした試みが国際社会に与えた被害の特定」が求められた法案では、感染症の影響を受けた人々のためにこの国から賠償金を得られるようにするメカニズムの設立が呼びかけられた。

引用元:TRT 2020/03/26

法案を提出したのは、共和党上院のホーリー議員と共和党下院のステファニク議員。

法案の趣旨は、新型コロナウイルスは中国が秘匿しようと試み、国際社会に与えた被害を特定せよ、という内容のようです。

つまり、この法案が仮に米議会で可決されると、

  • 新型コロナウイルスによる感染症は、中国政府によって隠匿されたかどうか
  • それにより、国際社会(アメリカ含む)が被った被害はどれほどになるのか

といったことがアメリカ国内で調査/捜査されることが義務付けられるようです。

  • 国家により、中国が隠匿した
  • そのために国際社会に多大な被害が出た

と証明されれば(お墨付きをもらえれば)、それを根拠として賠償金を中国に請求できるような仕組みを作ろう、というもののようです。

賠償額はどうなる?

この法案の元となるのは、以下にあるように、

ホーリー議員は、「中国政権はウイルスの現実を12月初めから認識していたが、研究所にサンプルを破棄するよう命じ、医師たちに沈黙を強制した」と述べた。

ステファニク議員は、感染症によって世界が受けた被害の責任は中国にあると明かし、「ウイルスの包括的かつ致命的な影響を完全に隠匿するという中国の決定は、アメリカ人数百人も含む数千人の死を招いた。簡潔に言えば、この法案は(感染症の)責任を中国に取らせる呼びかけである」と述べた。

引用元:TRT 2020/03/26

今回の法案を提出した一人、ホーリー議員は、中国は12月の初めから新型コロナウイルスを認識していたのにもかかわらず、医師たちに沈黙を強制して、国際社会からその事実を隠匿した、という主張。

またもう一人のステファニク議員は、新型コロナウイルスを隠匿すると中国が決定したことから、アメリカは元より全世界で多大な犠牲者を出している、だから中国に責任を取らせる、という主張。

法案の中身の詳細まではありませんが、こうしてみると、賠償金、その額がどうの、というより、責任(賠償金など)を請求できる仕組みのとっかかりとして、アメリカ国家がまず、責任は中国にある、と調査する義務を持たせるための法案、というようですね。

国家間で大紛争?

この法案が米議会で可決され、それを元に中国を訴える、となれば、当然中国は猛反発するはず。

猛反発どころか、責任はアメリカにある、と猛反撃となり、もしかしたらこれが新たな二国間の大紛争(戦争の引き金)につながるかも知れません。

ただでさえ、アメリカと中国はいろいろと問題を抱えている間柄。そこに米議会で新たな法案が可決され、新型コロナの責任論争に拍車がかかると、新型コロナの感染拡大をいかに抑えるか、と世界中が躍起になっている中、もう何が何だか分からなくなりそうで、ちょっと怖いですね。

果たしてこの法案、可決されるのか。(さすがに可決されるとは思えませんが、なんたってこれ米議会のことですし)

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事