政府配布200円布マスクのメーカーは?総額200億、送料50億円って本当?




布マスク(ガーゼマスク)を各家庭(各世帯)に2枚配布する!という政府発表がされたようですね。

え?1世帯に2枚だけ?という声も多くあるようですが、現状マスク不足を解消するには、まずそこから、というところになるでしょうか。

布マスクは洗って再利用してもらい、その間にマスク不足の解消を急ぐ(特に医療の現場のマスク不足解消)、という意図がありそうです。

ここでは布マスク配布費用や、製造メーカーはどこか、調べてみました!

総額費用

今回政府が発表した布マスクの配布について、その費用がどうなるか、まず見ておきましょう。

日本全国で5400万世帯あるとして、菅官房長官が言うようにマスク1枚200円とすると、 送料込みで1枚200円と言っているとしたら2枚配布で総額216億円。(5400万世帯×200円×2)

送料が別だとすると、北海道におけるマスク配布で使われた郵便局のタウンプラスを使うと想定して送料は最低の場合29円、5400万世帯に送るとして送料だけで約15億6千万円。

参考:マスク7枚入り全戸配送開始、日本郵便・北海道

となると、布マスク1つ200円の発言が送料込みの場合では、総額200億円規模、送料別の場合には、総額230億円規模(216億円+15億円)になりそうです。

テレビで元衆議院議員の豊田真由子さん(秘書への暴言で有名になった方)が「送料だけで50億円かかる」という発言をしたとか言われてますが、郵便の基本料金(25g以内)で送るとしたら送料84円(25g以内)かかり、その場合では送料だけで50億円ぐらいになる、といった例をあげたようですね。(84円×5400万世帯=約45億円)

タウンプラスを使えばそこまではかかりません。

メーカーはどこ?

全世帯に配布されるとされる布マスク(ガーゼマスク)、メーカーはどこか気になりますが、KOWA(興和)が以下のような発表をしています。

「ガーゼマスクの取り組みについて」

興和株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:三輪芳弘)は、国からの要請のもと、広く海外に展開している繊維事業の経験を活かし、国内と海外の生産協力工場を活用した「ガーゼマスク」の取り扱いを推進してまいります。3 月には 1,500 万枚規模、4 月には5,000 万枚規模の生産を目指し、日本国内に供給してまいります。

https://www.kowa.co.jp/news/2020/press200305.pdf

「ガーゼマスク」は布マスクのことですが、KOWAでは国から要請があり、3月には1500万枚、4月には5000万枚の生産を目指している、とのこと。

3月4月で合計6500万枚になりますが、これだけでみると、日本全国5400万世帯に配布が出来そうな規模ですね。

KOWAとは関係ないかもしれませんが、他にも以下のような報道がありますね。

政府は新型コロナウイルスに関する第2弾の緊急対応策として、使い捨てではなく洗って繰り返し使える布製のマスク2000万枚を一括して購入することを決めています。

このうち第1陣として日本企業がミャンマーの工場で生産した9万枚のマスクが9日夜から10日朝にかけて成田空港に到着し、輸入した貨物を保管する成田空港の倉庫には640枚のマスクが入った箱が大量に積み上げられていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200310/k10012323821000.html

具体的メーカーまでは書かれてませんが、日本企業がミャンマーの工場で布マスクを生産しているようです。

気になって改めて調べてみると、これ、KOWAのことのようでした。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続くなか、医薬品大手の興和は国からの要請を受け、ガーゼマスクを大幅に増産すると発表しました。ガーゼを15枚重ねたもので洗って数回は使用することができるということです。ミャンマーの工場で作り、来月中には5000万枚規模の生産を目指します。価格や、いつ頃、どこで購入できるかについては興和は「国が買い上げるため分からない」としています。また、不織布のマスクも月に2700万枚まで増産するということです。

テレ朝ニュース:2020/03/05

こうした布マスクを今回全世帯に配布する、ということになるみたいですね。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事