さとわんでフラスタが倒れた!? 小学生の親が倒したとツイッター大炎上




ツイッターで「さとわん」とか「フラスタ」とかが炎上してますが、何だろうと調べてみると、「さとわん」とは「さとみさんのワンマンライブ」「フラスタ」とは、ライブ向けにファンが送る「フラワースタンド」のことのようです。

「さとみさん」とは、どうやら6人組エンタメユニット「すとろべりーぷりんす」のメンバーの一人で、ツイッターが炎上した12月30日には、Zepp Tokyoでワンマンライブを行った、その中で、フラワースタンドが倒れるハプニングがあり、ツイッター上を騒がせた、というところのようですね。

さとみさんのワンマンライブ

さとみさんとはどんな方か簡単に見てみると...

  • さとみさん情報
    • 生年月日 : 1993年2月24日
    • 職業 :歌手
    • 6人組エンタメユニット「すとろべりーぷりんす」のメンバー、ゲーム実況者(ゲーム実況は主に第五人格を実況)
    • 「すとろべりーぷりんす」の最年長メンバーでピンク担当
    • 血液型:AB型

さとみさんは、2019年9月11日には自身が作詞を担当した曲も含まれる1stミニアルバム「Memories」(オリジナルの楽曲全8曲を収録)がリリースされ、オリコン週間アルバムランキングで初週2位。

そして12月30日にはワンマンライブ(さとみさん、の、ワンパンライブ、ということで略して「さとわん」)を行ったところ、ファンが押し寄せて「フラスタ」(フラワースタンド)が倒れて壊れて大混乱、という状況。

ファンの想いがこもるフラスタが凄い

フラスタについては、以下のように設置されていたものが、倒れた、これが騒ぎになっているようですね。

このフラスタ、ファンの人がさとみさんのために作って送ったりして、それらが集まってできているもののようです。

ファン一人一人の心がこもったフラスタです。さとみさんが喜んでくれますように、と思いながら作っているんでしょう。正に心がこもった贈り物、という感じです。

ライブに押し寄せる多くの人達

そして実際のライブ。

それはもう、物凄い人がこのライブに訪れたようですが、問題になったであろう時の様子が以下の動画。

いやー、これ、物凄い人ですね。スタッフの人も走らないでください、下がって、とか注意をしてますが、それでもこの人込み、そうそうすべての人がスタッフの言うことを聞くとは限らないのが群集の恐ろしいところ。

これだけの人が我先にと前に出れば、それは会場も大変です。スタッフも「走らないで」と注意をしていたのみのかかわらず、少しでも早く前に行ってどうにかしようとした人たちが押し寄せて、どうにもならない状態、という感じでしょうか。

こうした中でフラスタも倒れ、誰がやった、どうしてだ、というのが今回の問題、というか混乱の真相のようです。

本当に親が倒した?

ツイッターでも噂として「リスナーの親」という話が飛び交ってますが、例えば以下。

他のツイートも見ると、親同伴での子供(小学生や中学生など)が多く、押していたのは、特定の親、というより、そうした同伴の複数の親が押したりして、結果フラスタが倒れてしまった、という感じのようです。

炎上しているのも、フラスタが倒れた、ということだけではなく、そのことを親が「お前らのせいでこうなった」とかスタッフに言ったらしい(あくまで”らしい”という話)で、人のせいにして謝りもしない、というところも理由のようです。

多分多くの人が押し寄せた結果だと思いますが、フラスタだけでなくファンと思われる女の子も倒れたようです。

ただ、情況的には運営側にも問題があるようです。

元々は単に開始時間を言われ、みんな整列などもせずに待っていた、そこに突然「右側の方から案内するよ」と言われたので、右側ではない人たちは大慌てで大移動。これが「走る」とか「押す」とかの原因にもなったようです。

多くのツイートが流れる中、以下のように冷静にツイートしている方もいますね。

起きたことは仕方がない。それは次の反省としてつなげて、今は誰がどうのとか言っている場合ではない、と。

この方の言う通り。折角のライブの場、集まる人の想いはそれぞれですが、一緒になって楽しむ、そのために集まったのだから、起きたことは起きたこととして誰かに責任をなすりつけるのではなく、どのように対処して、どうやってライブを盛り上げて行くか、が重要でしょう。

小学生、中学生のファンの人、そしてその親も沢山いるとなれば、親がまず冷静にその場をどうするかスタッフの注意を受け、適切に迅速に行動する。

そして無事ライブをみんなと楽しむ。そうしたことができるとよいですね。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事