大谷翔平メジャー1年目の成績と打率は?イチロー、松井、城島、田中将大と比べてみる!

二刀流を引っ提げてメジャーで活躍するエンゼルスの大谷翔平選手。

9月5日の試合ではついにホームランも17,18本目をたたき出し、バッティングでも驚異的な記録を出しそうです。(記録的にはメジャー1年目のホームラン数1位タイ!)

メジャーのレギュラーシーズンは4月から9月下旬までということで、1年目の最終成績が確定するのはまだ先ですが、ここでは、その大谷翔平選手とメジャーで活躍した(している)以下の日本人選手、

  • 打撃成績では、イチロー、松井選手、城島選手
  • 投手成績では、野茂英雄選手、ダルビッシュ有選手、田中将大選手

とメジャー1年目を比較してみてみましょう。

< 関連 >
大谷翔平ホームラン20本いつ達成か大予想!
エンゼルス残り試合は何試合?

打撃成績:松井を追い越し城島と並んだ大谷翔平投手

まずは注目のメジャー1年目の打撃成績を見てみましょう。2018年9月6日現在です。








イチロー .350 692 242 69 8 56
松井秀喜 .287 623 179 106 16 2
城島健司 .291 542 147 76 18 3
大谷翔平 .287 247 71 47 18 7
  • イチロー選手:2001年シアトル・マリナーズでの1年目の成績
  • 松井秀喜選手:2003年ニューヨーク・ヤンキースでの1年目の成績
  • 城島健司選手:2006年シアトル・マリナーズでの1年目の成績
  • 大谷翔平選手:2018年9月6日現在ロサンゼルス・エンゼルスのシーズン途中での成績

二刀流という事で、打数はイチロー、松井選手に比べて少ないものの、本塁打に限っては、松井秀喜選手と並ぶ16本を打数は半分以下で達成(9/5)したと思ったら、次の試合で、17号、18号ホームランと、あれよあれよと、単独1位の城島選手に並んでしまいました!

現在、日本人メジャー1年目のホームラン数1位タイ!

これまではメジャー1年目のホームラン数第一位は、2006年シアトルマリナーズの城島健司選手でしたが、こちらも16号の時と同様、城島選手の打席数と比べれば半分以下

この調子だと、19本目もすぐ飛び出し、日本人選手ホームランの単独1位になる日もすぐ来そうな勢いです。

二刀流なんてメジャーをなめてる!

多くの野球解説者が語っていたのが懐かしいですが(笑)ここまで実績を出されると、もう何も言えないですね。

大谷選手のメジャーの初本塁打は2018年4月3日。クリーブランド・インディアンス戦で指名打者としての第1打席でした。翌4月4日には2試合連続でホームラン、更には4月6日にも第1打席でホームランと、3試合連続ホームランで世間を驚かせたのは記憶に新しいところ。

メジャーの規定打席数(所属球団の試合数 × 3.1:小数点以下四捨五入)は、試合数が合計162試合ということから502打席。大谷選手は規定打席に到達しない(リーグの打撃ランキングの対象にはならない)ことになりますが、二刀流選手としては世界一の記録になりそうですね。

投手成績:ダルビッシュ有よりいい感じ?

では続いて、9月5日現在のメジャー1年目投手成績を、野茂英雄投手、田中将大投手、ダルビッシュ有投手と比較してみてみましょう。
















野茂英雄 2.54 28 13 6 0 191.1 236 54 .684
ダルビッシュ有 3.90 29 16 9 0 191.1 221 83 .640
田中将大 2.77 20 13 5 0 136.1 141 42 .722
大谷翔平 3.31 10 4 2 0 51.7 63 19 .667
  • 野茂英雄:1995年ロサンゼルス・ドジャースでの1年目の成績
  • ダルビッシュ有:2012年テキサス・レンジャーズでの1年目の成績
  • 田中将大:2014年ニューヨーク・ヤンキースでの1年目の成績
  • 大谷翔平:2018年9月5日現在ロサンゼルス・エンゼルスのシーズン途中での成績

打撃と同じで試合数、投球回数は少ないですが、防御率、勝率とも野茂投手、田中将大投手には劣るものの、ダルビッシュ有投手より良い数字になってますね。

ちなみにメジャーの規定投球回数は試合数×1.0回で計算されるので、合計162試合ある、ということで規定投球回数162.0回です。

大谷選手の場合、二刀流ということで規定打席数にも規定投球回数にも到達しないので、投手ランキングの対象にはならない、となりますが(記録が残らない)、こちらも二刀流でこれだけの成績を残している、ということで何かサプライズ的な評価があると良いですね。

今話題!
総裁選を仕組みから結果予想までわかりやすく解説!地方票や投票権、党員、党友とは?

日本人1年目のホームラン記録はどこまで?

野手としては最年少メジャーデビューした大谷翔平(23歳267日)ですが(ちなみに投手の最年少メジャーデビューは村上雅則投手の20歳118日)2018年にメジャー1年目が終わります。結果として残る活躍と記録に今から胸がドキドキしますね。

投手としての活躍もそうですが、メジャー1年目の城島選手によるホームラン数18本の記録に並び、更にメジャー1年目ホームラン19本、20本と日本人メジャー選手1年目の記録作ってほしいですね。

めざせ大台20本!

< 関連 >
⇒ 大谷翔平ホームラン20本いつ達成か大予想!
エンゼルス残り試合は何試合?

大谷の肘の手術いつ決まる?
投手打者のメジャー復帰時期や成功・失敗その影響

シェアする

フォローする