【時短動画】洗濯物を一瞬で取込む方法と収納術!

主婦でも一人暮らしでも、洗濯物を取り込むのって結構面倒。一人暮らしならまだいいよ、普通の家庭で子供もいれば日々の洗濯物もかなり大変!というところ。

主婦ともなれば、他にもいろいろとやることあるし、少しでも効率的に時間を使わず簡単にしたいもの。ということで、ここでは洗濯物を一種運に取り込む裏技と、その収納術を動画で紹介です。

洗濯物の簡単収納!

まずは、洗濯物を一瞬で取り込んんで一瞬で収納する動画がこちら。

非常に簡単にやってますが、やることは正に簡単。

  • 用意するもの
    • 1)滑り止め付きフック2つ
    • 2)プラスチックの鎖
  • やること
    • プラスチックの鎖にハンガーにかけた洗濯物を干すだけ

やることはたったこれだけです。

洗濯物を取り込むには、プラスチックの鎖に洗濯物がかかったまま鎖ごと取り込んでしまえば、正に一瞬で洗濯物が取り込める、というわけ。

干した洗濯物を1つ1つ取り込むのに比べれば、まさに一瞬で一度に取り込める、ということで、これだけでかなりの時間の節約と手を動かす手間、体力の節約にもなって、一石二鳥どころか一石三鳥ぐらいの感じでしょうか。

最後に収納ですが、動画にもあるように、プラスチックの鎖にハンガーで洗濯物をつけたままクローゼットの中やどこかに引っ掛ければOK.

ただここで、クローゼットでもどこかに引っ掛けるにしても「鎖が長いから服とかが床についてしまうよね?」ということがあります。

これもご安心。

ハンガーを引っかけている鎖には、他にも沢山引っかけるところがありますよね?床についてしまう位置にあるハンガーは、鎖の上の方に引っ掛けなおせば良いんです。簡単ですね!

【スペース】洗濯物がどこでも干せる!

おまけで「洗濯物の場所に困らない」便利グッズのご紹介。

動画にあるような、大型協力吸盤付きのハンガーがあるんですね。

洗濯物を部屋干したり、洗濯した後に部屋の中にちょっとかけておきたい、という場合、場所に困る場合があります。

そこで動画にあるような吸引付きハンガーを使えば、窓にハンガーをくっつけてちょっとそこにかけておく、とか、お風呂場など普段あまり使わないスペースも、ちょっとした洗濯物収容場に早変わり。

こうした、ちょっとかけておきたい場所、が増えると、その辺にバサッと置いておく状況もなくなり、お部屋の整理もしやすくなる、精神衛生上もとっても良い感じです。

便利グッズって、便利!と思って買っても、結局ちょっと使ってその後は押入れへ、なんていう場合も多いもの。でも、これは絶対使える、長く使えそう、というものを選べば、生活もかなり変わりますね。

シェアする

フォローする