アッコにおまかせ1回目の無観客はいつで状況は?新型コロナで2回目




和田アキ子さんの「アッコにおまかせ!」が、新型コロナウイルスによる新型肺炎感染拡大を防止するため、無観客で放送が行われたようです。

引用元:スポーツ報知

こうしたことがしばらく続くと思いますが、では「アッコにおまかせ!」の無観客1回目はいつでどんな状況だったのか、ちょっと気になったので調べてみました。

1回目の無観客

「アッコにおまかせ!」の1回目の無観客は、どうやら、2011年の東日本大震災のころだったようですね。

今日も元気に生放送、アッコにおまかせ!なんですけど」とした上で「今日はお客さま、どなたもおいでになりません」と明かし、誰もいない観覧席を映した。

続けて「35年やって2回目なんです」と2011年の東日本大震災以来の無観覧放送と明かし「どうしていいかわからないね。静かというか」と戸惑いを露わにしていた。

引用元:スポーツ報知 2020/03/01

報道によれば、「アッコにおまかせ!」の無観客は、2011年の東日本大震災以来、ということから、1回目の無観客は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で、無観客となったことがある、ということのようです。

この時の状況を少し調べてみると、当時「That’s宝くじ」というコーナーがあったようですが(2008年4月から開始)、この年の4月から(自粛としてか)ジャパネットたかたテレビショッピングに変更されたのだとか。

震災直前の2011年3月6日、震災後は2011年が3月20日に放送があったようですが、2011年3月13日はないみたいですね。(震災の状況で放送が飛ばされたのかも)

こうしてみると、無観客の第一回は2011年3月20日の放送分だったのかもしれません。

無観客の2回目

無観客の2回目は今回となりますが、今回の新型肺炎の感染拡大防止として日本全国的に2週間位を自粛、となっていることから、もしかしたら「アッコにおまかせ!」も来週再び無観客、となるかもしれません。

番組を行う側からすると、いつもいる多くの観客によって、番組も盛り上がり、やりがいもある、みたいなことがあるかもしれませんが、これは仕方のないことですね。

野球なども無観客試合が行われてますが、直接見に行けないにしてもTVの向こう側には、楽しみに見ている人たちが大勢いる、ということで、良い番組、良い試合を届けてくれると元気も出て嬉しいです。

友達にもこっそり教えたい!と思ったら

一歩先の情報通になりたい、と思ったら

AD関連記事