雨穴って何者?正体や素顔の画像は?仮面が怖いけど意味も調査!

雨の穴と書く「雨穴」(読み方:うけつ)さん。 youtubeに動画を投稿してたりライターとして記事をアップしてたりしますが、この方の風貌がまず「異様」「不思議」と呼ぶにふさわしい。

引用元:https://omocoro.jp/kiji/196193/

「白いボコボコした仮面」をかぶり、しかも「全身が黒タイツ」!独特の雰囲気というか世界観を醸し出してます。

雨穴さんの動画を一度でも見れば、不思議、怖い、でも何とも言えない感覚になる、といった「雨穴ワールド」に全力で引き込まれてしまうような感じですが(正に怖いもの見たさ)、この雨穴さんとは一体全体何者なのか?その正体や素顔の画像があるのか、恐る恐る調査した結果をまとめました。

特徴的なあの白いボコボコ仮面の意味はなんなのかもあわせてみて行きましょう。

雨穴さんとは何者か?

雨穴さんは、どこまで何が本当か分からない謎の人物、というのが正体と言えば正体。ライターとして記事を書いてますが記事によっては「美容ライターの雨穴です」みたいな紹介も出てきます。

でも動画や記事は実に様々。

投稿されている動画や記事を中心にまとめると、プロフィール的には以下のような感じになりそうです。

  • 名前: 雨穴(なこにわ雨穴)
  • 本名: 不詳
  • 年齢: 不詳(30代ぐらい?)
  • 性別: 男性(のようだ)
  • 職業: ライター、youtuber
  • 住まい: 神奈川県っぽい。
    • 山のふもと、または山の中の一軒家の二階の和室で暮らす
  • 家族: 不明
  • 日々の様子:
    • 朝の6:50に起床(早い!)そしてリンゴを食べる
  • 特技:
    • 料理、お弁当作りが結構うまい
    • 楽器演奏が好き
    • 絵が上手(ウサギのイラストがうまい!)

不明な部分が多く、まさに謎のライター、謎のyoutuberといった感じで、その独特な神秘の雨穴ワールドはyoutubeチャンネルの登録者数(2019年11月現在では5万人突破)からすると、実にかなり多くの人から興味を持たれているようです。

名前の意味、理由

雨穴さんのツイッターやライターでは「はこには雨穴」となってることから、名前は「箱庭雨穴」ということになるかもしれません。
(「はこにはうけつ」と7文字で調子が良い感じ)

ではなぜ「雨穴」なのか?

どうやら雨穴さん、雨の中を傘をさして歩く、雨にぬめる、というのが好きなようで、(他にも動画でも出てきますが)なにか穴を突き抜ける感じもすきだったり、普段は分かりませんが、内の奥底の穴に深い感情をいだいてそうなところから、穴、結果として、雨穴、とつけたのでは、と想像。

では、はこにはは?というなると、
動画で住まいや近所らしい(または庭なのか敷地内かといった)様子が出てくるところから、大きな敷地の中に家がある、自分のことを「何か世間から隔離された箱庭みたいなところで暮らしている」といった感じを抱いている、というところから箱庭、とつけたのかも。

自宅のトイレを悪のアジトにするんだと改造したり、自分の部屋を旅館の和室みたいにして見たり、謎の「皮膚折り紙」というものや、よく分からない生命体がでてくる自由研究キットで謎の生き物を出現させてみたりと、もう謎ワールド全開です。

素顔の画像はあるか?

雨穴さんを見られるメディアとしては、ツイッターにインスタ、youtubeチャンネル、ライターとしての記事。

あの白い仮面に全身黒タイツの画像はわんさか出てきますが、ネットを検索しても素顔の画像は出てきません。

上のインスタは雨穴さんがウクレレを演奏するところの画像ですが、このウクレレは一人でバンドを作るぞ、という時に購入したもののようです。

こうした画像はワラワラ出てきますが、素顔がないんですねー。

不思議ワールド全開の動画を作ってますが、その中に孤独、優しさもあふれているものもあり、優しい雰囲気をもち、笑顔は明るいけど実は暗い影を併せ持ったような感じの男性、そうした雰囲気の素顔をしている、というところかも知れません。

あの白い仮面はなんだ?

雨穴さんの一番の特徴はあの白い仮面。

「私のモーニングルーティーン」という動画ではこの白い仮面、寝ている時は外しているようですが、でも寝ている時はなんと代わりに丸井ダンボールの箱、とうか、紙で丸くしたものをかぶってる!(笑)

で、朝になるとこの白い仮面をかぶる、という紹介の動画ですが、勿論youtubeにしろブログにしろ、この雨穴さんに限らず「顔出しは恥ずかしい」「顔を出すのは気が引ける」「他の人にばれるのは嫌」ということで、実際顔を出してない人も多いもの。

ブログで言えば、実際の顔画像の代わりにアバター(自分で気に入った顔のイラストなど)を設定している人も多いですね。

雨穴さんの場合、この動画に白い仮面の秘密が良く出ていると思いますが、寝ている時は仮面をとっている(で、ダンボールみたいなものをかぶる)ということから、寝ている時は自分の素のまま。

寝ている時でも別の仮面をかぶる、という選択肢もあると思うんですが、そうではなく、ダンボールみたいなものをかぶっている。寝ている時は普段の自分だけど、そこは単純に隠している、寝ている時の自分と起きて活動している時の自分をはっきり分けている。

で、起きると例の白い仮面をかぶるわけですが、動画なので顔を出すのは恥ずかしい、こんなことをやっているというのは知られたくない、ということもあるでしょうし、普段の活動は素の自分ではなく、何かを演じている自分、ということを表しているかもしれません。

仮面自体に非常に特徴があり、まるで能面のように全体が白い、丸く単純な目の穴口の穴があるだけ。

能面 (引用:wikipedia)

能面は一見無表情ですが、見る人の感情やその場の状況により表情が変わって見える、というものでもあったりするので、雨穴さんの白い仮面も能面の位置づけと同じかもしれません。

一番は「感情を隠したい」ということから、無表情であり非常に単純な白い仮面になっているように見えます。(実際には凝ったものを作るのが面倒だった、ということだったりして(笑))

本当の俺はこんな感じなんだ、普段は全然違っておとなしく振舞ってるけど、心の奥底にはこうしたところがうずまいているんだ、という感じで、観る人、見ている状況によって受ける印象も変わる、みたいなところもイメージしつつ動画をつくったり記事を書いているのかもしれませんね。

おすすめ動画はこれでしょ

最後におすすめ動画をご紹介!

動画もいろいろありますが、おすすめ動画は以下2つ。

1つは「沼」というタイトルの電車動画。
雨穴さんはこの動画には出てきませんが、「プラレールに顔面をつけてお芝居をやってみた」という動画です。

どうですかこれ?観ちゃいました?(笑)

BGMが、煽り立てるというか、忙しくさせている感じの音楽で、それに従って、こちらもお面をかぶった列車が走ってる。なにやら一度見たら忘れない、というか、夢にでてきそう。

これには実はストーリーがあって、この動画はそのオープニングの位置づけみたいです。矢助という名の電車がある満月の夜、沼の脇を走っていたら「沼坊」(動画の中の目が沢山ある電車)というものに出くわし、帰らぬ人ならぬ帰らぬ電車になってしまった、その敵討ちに行くが、ある理由が分かり、でも同様に帰らぬ電車になってしまった、というお話し。

もう1つは「謎の部屋と弁当」。

雨穴さんが、「先日不思議な体験をした、それを動画でまとめて見た」というものですが、雨穴さんの近所であろう様子(緑がいっぱいで山の中っぽい)ことが分かったり、不思議な箱の見えない住人に対する雨穴さんの心遣いが見え隠れします。

でも最後は突然終わる、これは一体なんだったんだ?!みたいな不思議な余韻を残す感じになってますが、孤独なもの同士の気持ちを描いているような印象です。

さて異世界感も漂う雨穴さんですが、次の動画はどんなものになるでしょうか?私としては「沼」の続きを動画で見てみたい。

シェアする

フォローする