PR

百田尚樹の息子の名前や年齢,大学は?職業は何かも詳しく!

放送作家、小説家、政治家など幅広く活躍している百田尚樹さん。

その息子さんは「しゅうちゃん」で親しまれ、
大学卒業後、社会人を経験し独立。現在は雀荘経営をされてるのだとか。

今回は息子さんの名前や年齢、出身大学から仕事について、詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

百田尚樹息子のプロフィール

  • 本名:百田しゅうえい(”秀栄”と予想)
  • 年齢:32歳(2024年7月現在)
  • 誕生日:1992年1月1日
  • 特技:囲碁(アマ6段)、麻雀
  • 結婚:独身(2021年時点)

名前について

百田さんの息子さんのお名前は「しゅうえい」さん。

以下動画で
「ひゃくた しゅうえい」と紹介されてますね。

百田さんのyoutubeでは、
息子さんは基本的に「しゅうちゃん」と呼ばれ、
そのお人柄から凄く親しまれてますね。

後の学歴で見るように
「しゅうえい」は「秀栄」となるようです。

年齢について

しゅうえいさんの生年月日は「1992年1月1日」
2024年では32歳になります。

まず生まれ年については、百田パパが以下投稿されてます。

この2021年の百田さんの投稿に
「29年前」「息子が生まれた直後」とあり、
息子さんは1992年生まれであることがわかります。

このお写真、百田さんの若い頃の姿を見ることができますね。生まれたての息子さんを目の前にしてとても嬉しそうですが、今の息子さんを見るとさすが親子。そっくり。^-^)

また以下の投稿から
息子さんの誕生日は1月1日の元旦と分かります。

しゅうえいさん、なんと元旦生まれ!
(めでたいですね!)

1992年1月1日が生年月日で、2024年では32歳

名前のところで見たYoutube動画では
「ずっとお父さんと一緒に住んでいる」と言っているので、2021年の時点では独身であったのも分かりそう。

百田直樹息子の出身大学は?

しゅうえいさんの出身大学は「立命館大学」になるようです。

出身大学は、しゅうえいさんが得意とする囲碁から分かるようです。

父親の百田尚樹さんは囲碁が得意でアマ6段。

息子のしゅうえいさんも囲碁のプロを目指した経験があるほどで、名前も「江戸から明治期に活躍した囲碁名人の名前を付けた」とも言われてます。

参考)百田尚樹氏が朝日新聞社主催囲碁名人戦前夜祭に参加 – Yahoo!ニュース

当然、大学までの学生時代を通してアマの囲碁界で活躍されたことは容易に想像できそうですが、調べてみると以下の記事がありますね。

平成24年(2012年)8月、2013年12月の囲碁の大会の記事ですが、この中に「百田秀栄」(立命館大学)と言う方がいます。

しゅうえいさん「秀栄」=「しゅうえい」と読むことができますね。

  • 江戸時代から明治時代に活躍した有名な囲碁棋士に「本因坊”秀栄”」さんと言う方がいます(wiki – 本因坊秀栄
  • 2012年〜2013年は、しゅうえいさん20歳〜21歳で大学生の頃
  • 百田尚樹さんは兵庫県川西市に住んでいて、立命館大学も関西にある大学

しゅうえいさんは「百田秀栄」さんで、立命館大学を卒業されたのではないでしょうか。

ちなみに、しゅうえいさん、
プロ棋士を目指した経験がある、ということでしたが、囲碁は元院生だったようです。

※)院生とは囲碁棋士を養成する機関に所属する青少年のこと。

雲雀丘学園中学校・高等学校(兵庫県宝塚市)の公式HPで、当時高校1年の百田秀栄さんのことが紹介されてます。

  • 中学2年でプロ棋士になることは断念
  • 現在アマチュア六段としてさまざまな大会に出場

やはり大学以前の高校時代から活躍されていたようですね。

参考)雲雀丘学園中学校・高等学校 – 校長通信

スポンサーリンク

百田尚樹息子の職業は何?

しゅうえいさんは既に大学卒業されてますが、
どんな職業をされているのかも気になりますね。

調べてみると、
一度サラリーマンを経験し、29歳に会社を辞めて独立。
現在は「麻雀ハンドレッド」という雀荘を経営されるのだとか。

29歳で会社を辞めたことは
百田尚樹さんがXで投稿されてます。

しゅうえいさん、29歳で会社を辞めてフリーになったとのこと。

29歳までは会社勤めだったんですね。

そして、新しいお仕事は「商売」と書かれています。

百田尚樹さんから見ると、息子さんには「何の才能もない」と思っていたそうがです、しゅうえいさんのために一肌脱いでくれたり、助けてくれる方が何人も出てきてくれたようで、「人に好かれる才能があるのかもしれん」と思ったようです。

動画から見る息子さんも、
確かに周りの人から好かれるような人気者の雰囲気が出てますし、素敵な息子さんですよね。

ではフリーになって、
どんなお仕事をされているのかと言うと、
なんと雀荘の経営なのだとか。

これにはびっくりですが、
経営されている雀荘は「麻雀ハンドレッド」という名のお店のようです。

雀荘って、どんなところなのかイメージできなかったのですが、女性店員さんもいて明るい感じなようですね。

こちらのお写真では、スタッフの方と一緒にオーナーのしゅうえいさんが写っています。

名字が「百田」なので、
お店の名前に100(英語でハンドレッド)を付けて「麻雀ハンドレッド」にされたのでしょう。

大阪府池田市の阪急石橋阪大前駅の近くなので、
気になる方は是非行ってみてくださいね。

しゅうえいさん、囲碁だけでなく麻雀も相当強いようですし、
相手が誰であろうと容赦しない勝負師のようですね。

(やはり手抜きなしの勝負が一番面白いですし)

雀荘のオーナーになるのも納得ですし、優し気な見かけからは想像できないような勝負にかける何かを秘めてそうですね。

まとめ

  • 百田尚樹の息子の名前は「百田しゅうえい」。「しゅうえい」は「秀栄」と予想。
  • 1992年1月1日生まれで、2024年では32歳
  • 大学は立命館大学になるようだ
  • 学生時代を通してアマ囲碁界で活躍
  • 大学卒業後は一旦就職した後29歳で独立
  • 現在は「麻雀ハンドレッド」という雀荘を経営している

百田尚樹さんの息子、しゅうえいさん、お父様とは仲がとても良く(というか、ご一家みんな仲が良い)動画の中での父息子の会話が楽しいですね。

これからもXやYouTubeで楽しい家族のお話や姿を見ることができると思いますし、経営者となったしゅうえいさんが今後どんな活躍をされているのかも楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント