PR

まるいるい(芸人)学歴|早稲田大学に合格したか7浪受験結果まとめ

広瀬すずさんのモノマネでブレイクした芸人「まるいるい」さん。

高校卒業後に「テレビに出る人」を目指し、吉本のNSCに入所し芸人の道を目指しますが、大学受験企画で「7浪」と銘打って25歳の時、早稲田大学合格を目指したことがありますね。

今回はまるいるいさんの学歴や、なぜ大学受験にチャレンジしたのか大学受験結果はどうだったのかをまとめてみました!

スポンサーリンク

大学受験にチャレンジした理由

まるいるいさんは動画の企画で
「大学受験にチャレンジ」されてますね。

簡単な経歴を見ておくと...

まるいるい:26歳(2024年11月28日の誕生日で27歳)。神奈川県出身

  • 高校時代:
    「芸人の出川さんのようになりたかった」。将来の夢は(出川さんのように)「テレビに出る人になること」。様々なオーディションを受けまくるが全然ダメ。
  • 高校卒業時:
    夢を親や学校に告げられず、就職の道を選ぶ(自動車部品メーカー)
  • 就職後:
    「本当にやりたいことはこれではない」、「出川さんは芸人だ。だったら芸人にならないと」、ということでNSC(吉本の芸人養成所)に入ることを決める
  • NSC時代:
    2017年:NSC東京23期生
  • 芸人時代:
    2018年:吉本所属の芸人としてデビュー

参考)芸人になりたくなかった。|まるいるい(note)

まるいるいさんは、学歴的に見れば高卒

大学には進学しておらず、高校卒業後一旦は就職したものの、
夢を目指してNSC(吉本)に入った経歴がありますね。

そうした中、大学受験を思い立った理由は以下になるようです。

  • 自分がどれだけできるんだろうと知りたかった
  • 周りにいる大学に行ってた人たちの仲間入りしたい気持ちがあった
  • 大学受験プロジェクトから声がかかった

大学受験の経緯や理由について詳しくは
以下の「もりてつさん」の大学受験プロジェクト企画の動画(以下)で見れますね。

この動画のはじめの方で、大学受験に対して
「自分がどれだけできるんだろうと知りたかった」とお話しされてますね。

更に下の方で見る動画の中で「周りにいる大学に行ってた人たちの仲間入りしたい気持ちがきっかけ」というお話もされてます。

動画タイトルは「7浪」となってますが、まるいるいさんが実際に大学受験で浪人を7回しているというわけではなく、高校卒業した年から年齢的にこの時点で(毎年大学受験を失敗していたら)7浪となる、ということですね。^-^;)(まぁ、ちょっとしたキャッチフレーズ)

まるいるいさんの出身高校は「授業を選んで単位を取る選択制の学校」。2年生の時に「英語、数学は捨てた」(つまり英語、数学は高校1年までしか授業を受けてない)という学力。

きっかけはなんであれ、そもそも挑戦しよう!
と思って実行するのは簡単なことではないですよね。

大学受験に対しては課題が山積み状態だったと思いますが、実際行動に移したまるいるいさん、素晴らしいですよね!

スポンサーリンク

受験大学や学部と受験結果

では、まるいるいさんは具体的にどの大学を目指したのか。

目指した大学は早稲田?

受験することを決めてすぐの頃(以下動画)では、「受けるなら早稲田大学」と言ってることから、早稲田大学を目指していたことがわかります。

上の方で紹介した「もりてつ」さんの動画の中で、
文章を使うのが好きだから文学部」と話しており、受験科目も国語・英語・日本史に絞ってたのが分かりますね。

その後、共通テストの模擬試験などを受け、
現実に確認して志望校を絞っていったようです。

その中で最終的に受験した大学は、
「和洋女子大」と「実践女子大学」になるようです。

早稲田大学は、受験までの過程で「諦めた」(受験してない)となるようですね。

では「和洋女子大」と「実践女子大学」の受験結果を見てみましょう。

早稲田大学の受験について

次の「和洋女子大学」にある動画でお話がありますが、早稲田大学については「もりてつさんが(まるいるいさんが早稲田を受験することを)やめさせた」のだとか。

「早稲田大学」は『諦めた』(受験せず)

学力的な話から、受験費用を捨てるようなもの、
それだったらその金をもっと別のものに使った方が良いぞ、ということからのようですね。

(実際、本命など、他の大学に集中した方が良い、という理由もあるのでしょう)

和洋女子大学の受験結果

そして実際受験した一校目、
和洋女子大学」の「人文学部 日本文学文化学科」

偏差値:37.5~40.0(参考:スタディサプリ

「和洋女子大学」の結果:なんと『合格』

大寒波がきてる中、
前日に近くのホテルに泊まって受験をして頑張ったかいがありますね!

早稲田を諦めた話を含めて、
この和洋女子大学の合格発表の様子は以下で見れます。

そして実際の合格発表の様子は3:30あたりからですが、
驚きの合格の様子!

実際には、当時の試験で英語がかなり不安だったようですが、まるいるいさんの驚きの様子や、その後の喜びようには、見ている方も思わず口元が緩んでしまいますよね。(*´▽`*)

初めての大学受験、そして合格という結果、
これは早稲田でなくても、どの大学を受けたとしても嬉しいですよね!

実践女子大学の受験結果

次に二校目は実践女子大学」の「文学部 国文学科」

偏差値:45.0~47.5(参考:スタディサプリ

結果は...「不合格」でした、残念!
でも「追加合格候補者」とありますね。

「実践女子大学」の結果:『不合格』(追加合格候補者)

実践女子大はまるいるいさんからすれば、かなり手ごわい大学。

受験当日から、合格発表までは以下の動画で見れますね。

受験結果は、動画の7分ジャスト辺りから見れますが、
残念ながら不合格。(追加合格候補者)

この「追加合格候補者」については、
後日、もりてつさんの動画で伝えられていましたが、
残念ながら、追加合格にはならなかったようです。

「実践女子大学」の結果:『不合格』(追加合格にもならず)

残念!

受験後について

今回のまるいるいさんのチャレンジ結果は以下の通り。

  • 早稲田大学:受験せず
  • 和洋女子大学:合格!(人文学部 日本文学文化学科)
  • 実践女子大学:不合格(文学部 国文学科)

まるいるいさんは、合格した和洋女子大には進学せず、「もう一年受験を頑張ってみるか」という問いには、断念すると答えています。

(生活していく上で、受験ばかりに時間をさけられないのです)

なので、まるいるいさんの大学挑戦はここで一旦終わりを迎えました。

今後、また挑戦する日が来るかもしれませんが、
合格、不合格にかかわらず、このチャレンジ、頑張りましたよね。

多くの視聴者に、自分も何かチャレンジしてみよう!
といった勇気みたいなものを凄く伝えてると思います。

まとめ

  • 早稲田大学は受験しなかった!
  • 和洋女子大学 人文学部 日本文学文化学科は、見事合格
  • 実践女子大学文学部 国文学科は、残念ながら不合格
  • メンタルの上がり下がりが激しく、特に寒い時期はしんどかった。生活をするために働かないといけないし、これ以上受験勉強だけに時間を注ぐのが難しいので大学受験は以上で断念

まるいるいさん、見事1つ合格しましたね!

当初の目標であった早稲田大学受験の夢は叶いませんでしたが、たくさんの人たちに支えられながら勉強をし、一校合格することができたことは素晴らしいことだと思います!

その頑張った時間を自分の力にして、
これからも芸人として活躍されることを応援したいですよね!

スポンサーリンク

コメント