PR

デートの断り方に見る女性の脈あり!奥手女子はより慎重に

意中の女性をデートに誘ったとき、断られたとなると、オロオロしていまうもの。

その女性は果たして脈ありなのか、それにより次の行動も変わるわけですが、女性の断り方で脈あり脈なしをしっかり見分けていくことがポイントになりますね。

ここでは女性のデートの断り方に見分ける4つの脈あり返事と2つの脈なし返事、またあわせてその後のどのような対応をすれば良いかも一緒に見て行きましょう!

スポンサーリンク

こんな断り方は脈あり

まずは断り方で見る脈ありから。

1)次につなげて来るアプローチ

デートの誘いを断られる場合には、断り方から女性心理をチェックしてみるといいですね。

脈ありの場合なら、断られても相手の方から「いつなら大丈夫」など、何か次につながりそうなちょっとした言葉があるものです。

人によっては予定があったり、どうしてもはずせない用事などがあるケースも勿論存在するはずで、たとえ脈ありでも「その日はたまたま都合が悪い」ということもあるでしょう。

相手も誘われたことに対して嬉しい、行きたいという気持ちがあれば、次の約束へとつなげてくる「改めて別の機会に約束を取り付ける」など、お誘いに対する断りの中にも「次につなげるアプローチ」があるはずです。

お相手が奥手女子なら尚更そうした「ちょっとした次につなげる言葉」には注意する。

女性の返事の中に、次の機会につなげる言葉がないかどうか、しっかり確認しましょうね。

2)内容について聞いてくる

またお誘いした場合、「その内容に関して聞いてくる」といったケースでも脈ありの可能性がありますね。

「ちょっと都合が悪くてごめん。でもその日に何するの?」

など具体的にお誘いの内容について聞いてきた場合には、その返答次第でデートしてくれる可能性を秘めています。

本当に都合が悪い場合でも、なんとか調整できそう、という場合には、内容次第では行きたい、という気持ち。またどうしても譲れない用事、調整できないスケジュールが入っている場合には、これまた内容次第で別の日であれば行きたい、というところです。

デートの誘いを断られるにしても、
断り方から女性の心理などをある程度掴むことも不可能ではありません。

断られたからと言ってすぐに諦めるのではなく、その受け答えから相手が自分に対してどのように思っているのかを考える、気持ちを察する、ということもとても重要ということになりますね。

関連
⇒ 血液型で見る女性の脈あり脈なし!ラインやデートの態度で判断するには?

断られる中でも良い反応

特に相手があなたに気持ちがある、脈がありそう、という場合では、以下のように密かにアピールしてくることがよくあります。

  • どうして都合が悪いのか、といった理由を話す
  • 誘いに対して、すまない、という気持ちが表れる

こうした気持ちの表れは

  • 相手に対して不快な気持ちにさせたくない
  • 女子側からの好感度を下げたくない
  • あなたから悪く思われたくない

などの気持ちがある可能性が高いとみて良いですね。

断られるにしても、返事の言葉をそのまま受けてしまい、「断られたー!」「もうだめだー」「全然脈がない!」と思うのではなく、そこはあくまで人対人の人間関係。

お相手が特に奥手女子なら、いきなりOKの返事もしづらい、ということもありますし、相手の女性にもいろいろな事情や都合というものがあることから、コミュニケーションの中で女性の気持ちを汲み取って行きましょう。

スポンサーリンク

こんな断り方は脈なし

同じ断られるにしても、
「脈がない中でのお断り」というものも勿論あります。

デートのお誘いで女性からの「脈なしの断り方」としてよく使われるのが、以下2つのケースです。

  • 1)仕事など「何かやるべきこと」を言い訳にお断りされるケース
  • 2)「また連絡するね」といった先延ばしのお断りのケース

1)仕事などを言い訳にお断り

仕事など、何かやる必要があることを理由に断るのは、仕事にまじめなイメージもあり、仕事はそうそう自分の都合でスケジュールは変えられないもの、といった、当たり障りのない断り方。

でも女性心理として、デートの誘いに対して

  • わざわざ時間を作ってまで会いたくない

という気持ちの表れという場合もあるものです。

友人や恋人など、好意を寄せている相手に対しては、楽しい時間を一緒に過ごすために例え他の用事が入っていたり、忙しい場合でも、そこはなんとかして時間を作るもの。

仕事が忙しくても会いたい意思があれば、なんとか都合をつけようとしてくれるつけてくる、というものです。

そのため仕事などを理由に断るのは、
あまり相手に対して会いたいという気持ちがない、つまり脈なしの可能性が高い、と言えそうです。

ただ、ここでも上で見たように、「その日はどうしても仕事の都合で時間が空けられない」「でも別の日なら調整できるかも」という「次につながる返事」であれば、たとえデートの確約がされなくても、希望は持てる、というところです。

関連
⇒ 女性店員の脈ありサインはこうして見抜く!コンビニ店員の3つのサインに納得?!

2)「また連絡するね」は期待大?!

もう一つのパターンの「また連絡するね」というケース。

相手とのつながりが感じられる表現のようにも見えますし、期待感が盛り上がったりする表現にも見えそうですが、

  • またっていつ?
  • 連絡するねって、本当に連絡あるのかな、

といった、実は非常にあいまいな断り方。

女性側からこの「また連絡するね」を言われた場合には、

  • あなたからは連絡をしないでね
    私から(気が向いたら)連絡するから

という意味合いにもとれるところです。

女性側が「連絡するまでいちいちコンタクトを取ろうとするな」ということは、その後の展開も相手側次第、連絡がなければ以上終わり、ということにもなり、これは、脈なしの可能性が高いといえますね。

「また連絡するね」と言われたことをうまく使って「連絡するって言ってたけどその後どう?」など、ある一定の期間をおいてまた誘ってみる、ということも勿論できます。

でも「あ、ごめんごめん、また連絡するね」など、また同じような反応が返ってくる場合には、誘っていること自体が相手に迷惑になっている、つまり脈ナシの可能性が非常に高い、と言えるでしょう。

こうした場合には、更に誘うと脈なしを通り越して嫌われる、という可能性もあり、

  • 潔く諦める方向で行動していく
  • 再びアプローチするなどの行動は控える
  • 諦めて次の相手を見つける

という形が残念ながら良いかも知れません。

ただし、相手もいろいろな状況の中で気持ちや感じ方は変わるもの。

ある程度の長めの期間を置いたのち、改めて聞いてみる、というのも良いですね。
(その結果であきらめる方向で行動していくなど考える)

スポンサーリンク

脈なしの断り方の対応法

では脈なしの断り方をされた場合、
その対応はどうすれば良いかを見ていきましょう。

しつこい男と思われない

ここまで見てきたように脈なしの断り方をされた場合には「しつこく食い下がる」と期待する結果には中々結びつかないもの。

  • しつこい人はさらに好感度を下げてしまう
    (嫌われる、といったことにもつながる)

勿論押して押して押しまくった結果、女性の心を射止める、といったカップルもありますので一概には言えませんが「爽やかに一旦引き下がる」(悪い印象を残さない)ことも賢明です。

女性に一度断られても再度アタックをかける、という場合、状況によってはしつこいイメージを相手に持たれる(下手をすると今の時代ストーカー呼ばわりされる)ので注意が必要になりますね。

一旦爽やかに引き下がることで、たとえ恋人にはなれないにしても、今までの関係は継続できる、その先の別の機会に再び誘ってみる、といった可能性もあることから「しつこいアプローチをかけて、あなたに対する好感度を下げるような行動は控える」ということもとても大切なことになりますね。

引き下がることで逆に興味を引く

また、この「爽やかにあっさりと引き下がる」という対応では、逆に女性側の興味をひくこともあります。

これは「恋愛における駆け引き」にもなりますが、
爽やかにあっさりと引き下がることで相手のほうが拍子抜けしてしまい「あれ、この人追ってこない」「どうして?」など、逆に意識してしまうというのも女性心理の1つ。

奥手女子や人気者でプライドが高い女子の場合、無意識の中で「いきなりOKの返事がしづらい」ということもあり、そこであっさりと引き下がられると「あれ?これで終わり?」という感じになることも。

相手の興味をひくということは、
その後の展開次第では好感度が上がり、
再びデートに誘うチャンスが巡ってくる可能性を秘めてます。

たとえ脈なしの断り方をされたとしても後々の展開次第では良い方向に向かうことも考えられることから、意中の相手にとって気になる存在であり続けることはとても大切なことですね。

相手から見て好感度を下げなければ、
今後何かしらのイベントがあったりする場合、デートにつなげていけるチャンスも出てきます。

諦めきれないという場合には、こうした少し先の未来も見据えつつ「爽やかに一旦引いてみる」ことも1つの対応方法となるでしょう。

⇒ 脈あり脈なし恋愛マニュアルに戻る

デートに断られたまとめ

  • 脈ありな断り方
    • 1)「いつなら大丈夫」など、具体的な日時の指定がある場合
    • 2)お誘いの内容について聞いてくる場合
    • 3)都合が悪い理由を説明してくる場合
    • 4)すまない、という気持ちをアピールしてくる場合
  • 脈なしな断り方
    • 1)仕事を言い訳にお断りされるケース、
    • 2)「また連絡するね」といった先延ばしのお断りのケース
  • 断り方に対する対応法
    • 爽やかに一旦引き下がる等、しつこい男と思われない
    • 引き下がることで、好感度を下げない
    • 引き下がることで、逆に興味を引く

意中の女性に勇気をもってデートに誘う、
でも断られた場合には、顔には出さずとも精神的ショックは大きいですね。

女性をデートに誘う場合では、断られる場合の想定もしておき(心の準備をしておき)、実際断られたとしても、顔に出さずに爽やかな対応をしていきましょう。

断られたとして「好感度を下げない対応」を心がけ、その後も良好な関係を築いていくことで再びチャンスは巡ってくるものです。焦らず騒がず、お互いがベストのタイミングで再びチャレンジしていける状況を作って行きましょう。

スポンサーリンク

コメント