デート1回目、2回目の女性の脈あり脈なしの見分け方!3つのポイントを大公開

ワクワクドキドキのデート!

愛しい女性とデートともなれば、前の日からそわそわしっぱなしになりますが(思わずお顔もニンマリしてしまいますね!)単にデートして楽しい、ではその後が続きません。

1回目のデート、そして2回目につなげ、更に二人の関係を発展させるにはこの1回目、2回目で相手の女性の脈あり脈なしを見定めつつ、着実な前進をしたいもの。

ここでは、デート1回目と2回目の違いから、それぞれの位置づけをまず確認。そしてデート1回目における女性の脈あり脈なしの見方、2回目の脈あり脈なしの見方を順に一緒に見て行きましょう。

このポイントを押さえて、あなたの素敵な恋を更に発展させていきましょうね。

デート1回目と2回目の違いは?

1回目のデートはお試し感覚?!

まず1回目のデート。ここではまずお互いにとって

  • 「お相手がどのような人かを知る」
  • 「お相手と気が合いそうかを知る」

といった機会となりますね。

初めてのデートという事で、今日はどんな日になってしまうんだろう、などワクワクする反面、ドキドキハラハラ、落ち着かない~、と、心の中では勝手に一人修羅場みたいにもなりますが、でも、ある意味1回目のデートは「お試し」という位置づけでもあったりします。

つまり、相手の女性がどのような人かを知る、気が合いそうかどうかを知る、というところで、二人の付き合いが本格的になっていくかどうかのウォーミングアップ(ということで、お試し、という位置づけ)、というところ。

このため、心の内の一人修羅場状態とは裏腹に、1回目のデートは実は意外とハードルが低い(あれこれ悩むこともない)という特徴があるとも言えるんですね。(気楽に行きましょう!)

もちろん人にもよりますが、1回目のデートというのは恋人候補を探すためというニュアンスがありつつも、

  • 異性の友人を作る場、
  • 気の合いそうな人と一緒にどこかに行って一緒に楽しみ、今後お付き合いして行けそうかを見るお試しの場、

と言うこともできますね。

関連
⇒ デートに遅刻する女性は脈なし!?言い訳に見る女性の心理と対応法

2回目のデートの敷居が高い

これに対して2回目のデートというのは、

  • デート1回目を踏まえて、相手のことを異性として意識している、
  • その中で、一緒に時を過ごして相手の事をよりよく知る場

と言えそうです。

そもそも最初のデートで異性として好意を持たれていなければ、2回目の約束を取るのは難しい。また、好意を持たれなければ、忙しいなどの理由で断られたり、二人でではなく、例えばお互い友人同士を交えて一緒に遊ぼう、なんていう展開になることもあるでしょう。
(友達と行こうよ、なんて言われると、ガクっと来てしまいますね。^-^;)

異性として意識している2回目のデート。

1回目のお試し気分とは異なり、

  • 相手を異性として意識しているだけハードルが高くなっている
  • 心の壁が高くなっている

とも言えるところで、これが、誘いづらい、誘いに応じづらい、という形にも表れます。

実際、たとえ脈ありであっても、女性から「次もまた会おうよ」と誘ってくることがない場合も少なくないんですね。

これらから、2回目のデートは女性からではなく男性から(勇気をもって)積極的に誘うべきと言えるところですが、男性からすると誘う前には、

  • 「脈ありかそうでないか」というのが気になる
  • どのように誘えば良いのか良く分からない

といったところで頭を悩ませるところだと思います。

スムーズな2回目の約束のためのポイントは、

  • 1回目のデートで常にアンテナを張っておき、
  • 相手がどのようなことに興味があるのか、
  • どういった事が好きそうで、どういったことがそうでないか、

これらを1回目のデートでしっかり意識して、注意を払っておく必要がありますね。
(会話の中で、相手への理解を深めておきましょう!)

1回目のデートで脈ありなしの見分け方

2回目のデートがあるかないかは1回目次第!

2回目のデートにつなげるには、勿論1回目のデートで相手の女性に脈があるかないか。ここを見ておく必要がありますね。
(勿論あなた自身も相手の女性を気に入ったらの話ですよ(笑)

1回目のデートで相手の女性に脈があるかどうか、この見分け方には以下3つのポイントがありそうです。

その1)質問が多かったか

まず1つ目のポイントは、女性からどれだけ自分に対して質問があったか。
この質問の多さが脈あり脈なしを見るのに分かりやすいところです。

  • 自分に対しての質問の多さに注目!

デート中には勿論色々と会話をしますよね?

一見、会話が弾んだようでも「女性からの質問が少ない」といった場合には、残念ながらあなた自身やあなたの話には興味がなく、その場で上手く会話を合わせただけ、という可能性が高いと言えるでしょう。

男性同士の会話は女性から見ると「問題と結論」、みたいな、ある意味論理的で簡潔、とも見えますが、男性から女性同士の会話を見ると、何色々話してるんだろ、そんなに話すことあるの?みたいに映ると思います。(これ私も良く言われますが(笑))

女性は男性に比べると、会話をする時の脳の働きが異なるようで、感情とは別にその場限りの会話をあれこれすることがとっても上手。
(だから井戸端会議は女性の最も得意とするところ(笑))

あなたとの会話の中で質問が少ない、ともなれば、中身のある話をしているというより「表面だけ会話に付き合っている」という可能性がとても高い!

逆に質問が多ければ、あなた自身やあなたの会話に興味があり「積極的になっている」と言えますね。

この質問の多さで、単に表面だけの会話が多かったのか、そうでなかったのかを見極める大きなポイントになる、ということです。

質問が多ければ脈ありで、2回目のデートにも思い切って誘うこともできそうです。

その2)女性の仕草

質問の多さ以外に見るべきポイントは「女性の仕草」。この仕草から脈ありかどうか推測することができそうです。

会話の際に目が合うかどうか、といった目の動きがまずポイント

勿論お互いに初めて二人きりになる、といったことから、恥ずかしさで目が中々合わせられない、一瞬目があったとしても、ドキっとして、ついそらしてしまう、ということもあるでしょう。

好意を持たれていない場合では、たとえ2人で面と向かって会話をしても、あまり目線は合わないもの。目が合う、ということは、それだけお互いがお互いを注目している、興味を持っている、ということの表れでもありますね。(つまり脈あり)

また、視線以外で言えば、同じ仕草をするかどうかがポイント。

人は相手に好意を抱いていると、無意識の内に「つい相手の仕草を真似してしまう」、ということが良くあります。(どこかで聞いたこと、ありますよね?)

1つの例として、例えば食事中に自分がグラスを手に取って飲み物を飲む。すると相手もそれに釣られるように飲み物を手にする。

こういった「ついつい真似してしまう仕草」が多ければ、それだけあなたに対して好意を抱いている表れでもあり、脈ありの可能性が高い!と言えますね。

デート中はお相手の女性の「ついつい真似してしまう仕草」が多いかどうか、注目していきましょう。(あんまりジロジロ見ないでね(笑))

関連
⇒ デートの誘いの返事で分かる女性の脈あり脈なし!
OKでも脈ありとは限らない2つの理由?

その3)デート後のやりとり

また1回目のデート後でも、脈ありかどうかを見ることができます。

デートの後、大抵の場合メールやLINEなどで、今日はありがとう、とか、あれが良かったね、あそこにまた行きたいな、など、お礼や感想戦(笑)を繰り広げたりするものです。

ここであなたからお礼を言ったり、感想戦を仕掛けてみても、

  • 一向に返信がない
  • 返信があったとしてもかなり時間がたってから返信が来る

となれば、そのデートは女性にとって印象が薄いもの、興味があまり持てなかったもの、と言えそうです。

つまり、脈なしの可能性が高い!(涙)

仮にメールやLINEのやりとりが続いたとしても、お互い何か遠慮めいたものがある、誘って相手に断られたらどうしよう的な思いがある、というようなことから、

  • 2回目のデートに対して何も触れられない

となれば、これは脈がない、これ以上続く縁ではない、と思って良いかもしれません。
(男なら勇気をもって一歩踏み込め!と発破をかけたいところです。^-^;)

2回目のデートで脈ありなしの見分け方

2回目のデートにあの子を誘うことができた!
これはもしかしてもしかしたら行けるかも...

ということで、告白ターイム!なんて浮かれていたらご用心。

2回目のデートに誘えたとしても、告白となると話は別。
OKがもらえるとは全く限りません。

もちろん1回目、二人で会った際に好印象であったからこそ2回目のデートも承諾してくれた、ということになりますが、極端に言えば「ただの異性の友人」と思われている可能性もあるところです。(ただの友人だと思われてたら悲しい...)

ここで更に脈あり脈なしを確認して行きましょう。

見るべきポイントは3つ。
まずは2回目に会った時の「服装などの身だしなみ」から順に見て行きましょう。

その1)服装など身だしなみ

2回目のデートで、

  • 明らかに最初に会った時よりもラフな服装をしてるぞ...?
  • どうも化粧に気を遣っていないかも...

と感じたら、残念ながらあなたは異性として見られていない可能性がありますね。

逆に1回目よりも、

  • 女性らしい服装をしている、綺麗だ...
  • 化粧が丁寧だ、う、うつくし過ぎる...

などと感じれば、それはあなたに対して好意を抱き、よりよく見てもらおうとしている気持ちの表れ。「脈あり」と言ってもよいでしょう。

その2)1回目のデートの続き

また、お互いに最初のデートで相手の好きなことなど、ある程度情報が頭に入っているはず。

もし、相手に好意を抱いているのであれば、相手の興味や好きなことに対して会話が弾むよう、事前に話題を準備したりするものです。
(そういえば、あれが好き、って言ってたから、これ持って行くと喜ぶかも、とか、こういったところに行ってみたい、なんて言ってたから、これ教えてあげると喜ぶかも、なんていう感じです)

2回目のデートで、1回目のデートの会話に関連したことが出て来るようであれば、あなたに対して何かしら下調べをしたりしてきた可能性も高いですね。

わざわざ自分の時間をあなたのために割いて調べた、となると、あなたに対して好意を持っている証拠で、これは「脈あり」と見ていいでしょう。

逆に最初に会った時の会話を覚えていない、なんていう場合には、これは残念ながら「脈なし」の可能性が大、というところ。
(可能性が大どころか、脈なしと言い切っても良いです)

関連
⇒ デートでドタキャン女性は脈なし?体調不良が理由の場合、男性が謝るって何?!

その3)別れ際の余韻

他にもポイントは「デートの別れ際」
ここでも脈ありかどうかを見分けることができそうです。

当初の予定よりも一緒に長くいるかどうか、というところに注目しましょう。

たとえば、レストランで食事をして別れる、という予定だったところ、2軒目におしゃれなバーに行く、などがそうですね。

脈なしの場合では、仮にまだ時間がある、としても、予定通りこの日はこれで終わり、ということにもなりますし、予定以上に長い間二人一緒にいる、となれば、脈ありの可能性も断然上がります

仮に決まった時間までに帰らなければいけない、といった状況であったとしても、

  • 別れ際に次の約束を交わしたり、少しあれこれ一緒に話をしたりと、名残惜しい雰囲気、余韻を楽しむ雰囲気があれば「脈あり」

と考えられるし、逆に、

  • あまりにもあっさり別れる、という場合では「脈なし」、

と考えられますね。

ポイントまとめ

  • デート1回目と2回目の違い
    • 1回目はウオーミングアップのお試し
    • 2回目は相手のことを異性として意識して、よりよく知る場
  • 1回目のデートで脈ありなしの見分け方
    • 1)質問が多かったか
    • 2)目が良くあったり、同じ仕草をするかどうか
    • 3)デート後のやりとりはスムーズか
  • 2回目のデートで脈ありなしの見分け方
    • 1)服装など身だしなみが前回より良いか
    • 2)1回目のデートの続きがあるか
    • 3)別れ際の余韻が良いか

デートと言っても1回目、2回目では位置づけが異なるものなんですね!

1回目はお試し、というと言葉が軽いですが、お互いをまず知り、今後の二人の関係を想像する場、と言っても良いでしょう。その上で2回目とつなげていく。

異性として本格的に付き合うかどうかは、この1回目、2回目でしっかり脈あり脈なしを見ながら、1つ1つ距離を縮めていけるかどうかにかかってます。

相手をよく見て、自分を飾らずに見てもらい、より良き関係を築いて行きましょう。

シェアする

フォローする