井上喜久子 美魔女の美容法は?若いころの写真と比較してみると?

永遠の17歳、美魔女と言っても良いと思いますが、その美貌と年齢が全く信じられない井上喜久子さん。

定価:1980円(税込)発売 9月24日(土)発売:主婦の友社

2022年8月17日に自叙伝エッセイを出してますが、カバー画像に添えられた言葉「17歳ですって言って、おいおいって返してくれる時に笑顔になってくれたら」がまた良いですね。

実際の年齢を聞くとびっくりする人も多いと思いますが、そんないつまでも17歳の井上喜久子さん、スキンケアや化粧品などどんな美容法を実践しているのか、若いころから今の姿かたちが変わっているのか同じなのか画像比較でチェックしてみました。

井上喜久子の実際の年齢は?

まずは井上喜久子さんのプロフィールで実年齢をチェックしておきましょう。

  • 本名:熊谷 喜久子(くまがいきくこ)
    旧姓:井之上
  • 生年月日:1964年9月25日
  • 年齢:2022年の誕生日で59歳
  • 職業:声優、ナレーター、歌手

年齢がなんと2022年9月で59歳!
この年齢を聞くと、誰もが信じられない、という感じを受けると思いますが、こうなると永遠の17歳は美魔女とも言ってよいかもしれません。

その井上喜久子さん、2022年現在の画像がこちら。

自叙伝の発売記念みたいな感じですが、
同じように女子高生みたいな感じで写真も撮ってますね。

17歳という自叙伝出してますが、そのタイトルは、あまり井上喜久子さんのこと知らない人から見れば、

17歳?
普通に女子高生でしょ?
何騒いでるの?
おいおいって何?

なんて感じになってるかもしれませんね。

どんな美容法を実践してる?

59歳でこの美貌。(2022年9月時点)
一体どんなコスメを使ったり美容法をしてるんだろう、何がスキンケアに凄い秘密があるのかと、女性ならずとも男性でも気になりそうです。

「人生のメインテーマは“笑顔”」と井上喜久子自身が語っている通り、「永遠の17歳」といったキャッチフレーズでは、本人的には正しくは「揺れ動く17歳」なんだとか。

「17歳」よりも「おいおい」の方が大切で、あ、又言っているよ、という感じで笑顔になってくれたらという思いが強いんですね。「17歳に見られたい」というより「若く生きたい」といった若い気持ちが非常に強い方のようです。

ネット上で井上喜久子の美容法とか何かヒントでもないかと普通に調べてみても何も出てこない。ツイッターやYoutubeで検索してみても全然それらしい情報は見つからず。

探し方が悪いのか、唯一見つかったのが2018年のインタビュー記事(exciteニュース)で、美容法というより健康状態の情報でした。

この時血圧と肌年齢をはかってますが、血圧は正常値。
驚くのが肌年齢で、2018年当時の結果はなんと24歳。

気持ちを常に若く持つ、というのが井上喜久子さんの一番の美容法なのかもしれません。

若いころの写真と比較してみると?

井上喜久子さんの若い頃ってどんな感じなのかチェックしてみると、最も昔の写真で見つかったのは1994年のもの。

2022年から見ると28年前で、当時井上喜久子さん30歳。

声優グランプリの創刊号の表紙(右)を声優の國府田マリ子(マリ姉)さんとともに登場したもの。

國府田マリ子は1969年9月生まれで、この時25歳。
井上喜久子さん(当時30歳)が後ろ、國府田マリ子さん(当時25歳)が手前になるのかな?

失礼になるのかどうかわかりませんが、國府田マリ子より井上喜久子さんの方が幼さを感じるのは気のせいか...

ちなみにもっと若いころは..とヒントを探すと、井上喜久子さん、お子さんとのツーショットがありますね。

お子様のお名前は「井上ほの花」さん。(長女)
1998年2月生まれでで上のツイート画像は2021年なので当時23歳。
ママと娘というより、姉妹に見えてしまいそう。

まとめ

永遠の17歳、井上喜久子さんの美容法は、具体的には分かりませんでしたが「気持ちを常に若く持つ」「周りの人に笑顔を、という気持ち」にその秘密がありそうです。

若いころの写真と比べてみましたが、そもそも今17歳にも見える容姿、ということから、よくよく考えてみたらそもそも若く見えているので比べる意味もなかったかも(笑)

お子様の井上ほの花さんとのツーショット、なにか、良い感じだなー、とホッコリするような写真がまた良いですよね。

これからも永遠の17歳。
常に気持ちを若く持つ、周りの人も笑顔になって、楽しい17歳が続くと良いですよね。

コメント