PR

落合陽一の妻の大学はどこ?経歴も詳しくまとめてみた

個性的な服装で、現代の魔法使いとも言われている落合陽一さん。

落合陽一さんはメディアアーティスト、研究者、実業家など様々な活動をしています。

そんな天才と呼ばれる落合陽一さんには、実は奥さんや子供さんがいらっしゃるんですね。

今回は、落合陽一さんの妻はどんな方か、出身高校や大学、経歴などを調べてみましたのでご紹介です。

スポンサーリンク

落合陽一の妻はどんな方?

天才と言われる落合陽一さんの妻は、
よく女優の「水川あさみ」さんに似てるって言われてます。

水川あさみ似の可愛らしい方

実際どんな方かは落合陽一のインスタなどでお写真が公開されてますね。

お子様、旦那様と一緒に写った1枚ですが、確かに目の雰囲気とかお顔全体の印象が、水川あさみさんに凄く似ている感じです。

ちなみに水川あさみさんは以下の方。

妻の基本プロフィール

奥様の基本プロフィールを調べてみると以下の通り。

  • 本名:落合美帆(おちあい みほ)
  • 生年月日:1986年生まれ
  • 年齢:36歳(2023年現在)
  • 誕生日:8月21日(?)
  • 結婚:2016年(30歳になる年)

ねとらぼの情報によると、2016年に落合陽一さんはサンデージャポンで一般人女性と結婚したことを発表してます。

結婚発表ではツイッターにも投稿されたようで、でも今は元ツイートは削除されリツイートが残ってるようですね。

やはり奥様とのご結婚は相当嬉しい出来事だったのでしょう。

本名について

お名前については、テレビでた蔵の情報によると、2017年に出演した『情熱大陸』で「妻の美帆さん」と紹介されていることからお名前は「美帆」が本名になりそうですね。

年齢について

落合陽一さんが1987年生まれで「一歳年上の姉さん女房」と紹介されていることから、妻は1986年生まれ。

結婚したのは30歳になる年で、2023年現在では36歳になるようです。

二人の馴れ初めについて

美帆さんは、落合陽一さんと出会った時の印象を「嵐の中、小動物が怯えながら戦っているように見えた」と感じたそうです。

普通、誰かに出会った時の印象を聞かれたら、もっと簡単に「面白い人だと思った」とか「少し怖そうに見えた」ぐらいで答えることが多いと思いますが、詩的で、なにかとても詳しい描写。凄く知的な感じがしますよね。

友達を通して、とか、何かのパーティーみたいな場面での出会いでは、そうそうこうした表現の印象にはならないと思いますが、たぶん緊張感のある場所、たとえば落合陽一さんがこれから大勢に向けて何か講演をするみたいな場面が想像できそうです。

落合陽一さんは体型も華奢で身長も高い方ではないですし、加えてそうした緊張感のある場面では、横から見ていて、緊張と不安で怯えてるようにも見えた、ということではないでしょうか。

馴れ初めはネットでは「講演会のサポートとして美穂さんが来ていた」というようなお話がありますが、このソースとなる記事はどこにもないようです。

ただ、上の最初の印象の描写からすると、講演会などの場面で美帆さんが落合陽一さんを身近で見守るような、たとえばその場のサポートを担当をされたことがある、というのは想像できそうです。

何か舞台袖から、では落合陽一さんお願いします、と言われて落合陽一さんが緊張した面持ちで目の前を通り過ぎて行った、それが初めての出会いの場面だった、なんて想像しちゃいそう。

スポンサーリンク

誕生日について

美帆さんのお誕生日は、多分ですが8月21日。

2021年と2020年のこの同じ日に落合陽一さんが「妻の誕生日にエルメスい行けた話」とツイートしてるので、多分美帆さんの誕生日は8月21日になるのかも。

価値観は夫と真逆?

また、お店でご飯を食べている時の夫婦間の会話が独特だと話題になっていました。

情熱大陸の番組のディレクターとの会話の中で、落合陽一さんの難しい話に対応できるかという話題になり、妻の美帆さんは半分は聞き流していますと発言していました。

その都度「どういうことなの?」って聞き直してるとケンカになる場合もあるので、美帆さんのように聞き流すのが一番ですよね。

また奥様について、落合陽一さんは以下のようにも表現されてますね。

落合陽一さんからみて、妻の美帆さん価値観がかなり違う(そうした方を選んだ)、ということをおっしゃってますが、つまり物事に対する考え方や接し方が大きく異なる、ということなのかも知れません。

先ほど出てきた「聞き流す」からすると、落合陽一さんがベースの知識を前提としてそこから論理だてて理路整然と考え話す、みたいな研究者、学者タイプだとすると、奥様は全体をゆるりとつかんでうまくまとめたり流したりする、といった、優雅なタイプになるのかも。(理系というより文系の頭の切れるタイプ?)

スポンサーリンク

3人のお子様たち

美帆さんは2017年4月に長男を出産、2018年11月に長女を出産、2021年1月に第三子を出産して、現在三人のお子さんに恵まれて、子育てをしています。

このインスタは2018年12月25日投稿のもの。

写真は全部で10枚貼られてますが(横にスクロールしてみてみてくださいね)、長男がサンタクロースの衣装を着て、まだ生まれて間もない長女もママに抱かれてクリスマス用の帽子かぶってますね。

家庭の暖かさがすごく伝わってきそうな写真ですが、三人のお子さんには元気にすくすく育っていってほしいですね!

ちなみにご家族にはネコちゃんが4匹もいるようです。

以下のツイートをみると、4匹の猫のうち1匹はDJ猫のようですね(笑)

落合陽一の妻の高校、大学は?

笑顔の優しい妻の落合美帆さん。

落合陽一さんの第一印象をすごく知的な感じで表現される方ですが、出身高校や大学が気になりますね。

落合美帆さんは一般人のため詳しい情報は公表されてないようですが、ネットでは以下のように解説されている場合が多いようです。

落合陽一の妻はMBA(経営学修士:つまり大学院で取得する学位)を持っている

どこからこの情報が出たのか調べましたが、そう説明している記事にはソースがなく、単にそう説明しているだけのようですね。(また聞きのまた聞きのまた聞きみたい)

落合陽一さんが凄い方なので、奥様はきっと高学歴なんだろうな、という推測に尾ひれがついた結果なのか、落合陽一さんが講演会や著作の中でちらっとそうしたお話をされたことがあるのか、というところかも。

でも落合さんの第一印象の知的な表現から、本をかなり読んでそう、理系ではなく文系、とか、何かを描写したり表現する機会が多い、そうした訓練をしてきている、という感じがしますので、可能性としては考えられそうですよね。

もし落合美帆さんがMBA(経営学修士)だとすると、経営学における専門家にもなるでしょうし、MBAは国内の大学院(国立なら一橋大学大学院や京都大学大学院など、私立なら慶應義塾大学大学院や早稲田大学大学院:参照)カワイ塾や海外ならアメリカの大学院(スタンフォード大学など:参照)グッドスクール、他にもオンラインで取得する方法もあるようですが、もしかしたら留学の経験もあるのかもしれません。

ちなみに落合陽一さんの著書「日本再興戦略」の第6章(教育)の中に「MBAよりもアート」について書かれている箇所がありますが、このあたりが噂の出元になるのかも。

クリックするとAmazonで見れます

スポンサーリンク

落合陽一の妻の経歴を詳しく

美帆さんの経歴も気になって調べてみましたが、学歴の情報も明確なものはなく、一部では「資生堂」にお勤めだった、というお話もありますが、これもソースがない情報。

以前落合陽一さんは資生堂関連のお仕事をされたことがあるようで、資生堂(化粧品関連)ということから、奥様は資生堂勤務か?といった憶測が流れた結果になりそうです。

奥様の経歴を、ここまでの情報で考えて、大学はストレートで入学&卒業、MBAを取得された、という前提でまとめると以下ぐらいになるでしょうか。

  • 1986年:誕生
  • 2009年:大学卒業(23歳)
  • 2011年:MBA取得(関連の大学院卒業)
  • どこかの会社にお勤め?
  • 2016年:ご結婚(30歳)
  • 2017年:第一子誕生(31歳)
  • 2018年:第二子誕生(32歳)
  • 2021年:第三子誕生(35歳)

仮に落合陽一さんを講演会に招くような企業で働いていた、とすると、ある程度以上の規模の会社になりそうですし、職種はエンジニア系ではなく、講演会開催に絡むような、人事総務、企画営業系だったとも考えられそう。

落合陽一さんのツイートを見ると、奥様はなにか物事を整理するプロフェッショナル、みたいな感じしますよね。(勤めていた会社では秘書をされてたりして)

まとめ

落合陽一さんの妻は誰なのか、出身高校や大学、経歴について紹介しました。

  • 落合陽一さんの妻は、落合美帆(おちあい みほ)さん。
  • 一歳上の年上女房で1986年生まれの36歳(2023年現在)だと思われる。
  • 大学の学歴では、ソースは見つからなかったが、MBAを取得していると言われる。
  • 経歴的には、ソースは見つからないが、資生堂にお勤めだった、と言われることがある
  • 現在は三人の子供を授かり、落合陽一さんの難しい話は華麗に受け流して家庭を切り盛り中。

落合美帆さんは、現在三人のお子さんを持つお母さん。

一人で三人の子供を育てていて毎日大変かと思われますが、落合陽一さんを支えていて素晴らしいですね。

落合美帆さん自身の身体を労わりながら、これからも夫の落合陽一さんともども楽しい日々をお過ごしいただければと思います。

スポンサーリンク

コメント